2007/09/02 作成、2010/10/15 更新

スマホ向けのコンパクトスタイルで表示しています。

タイトルタイトル

タイトル
 これまでのロングツーリングで1日に走った走行距離をまとめてみました。
 目的と距離別に5つに分けてみました。
1日で走ることができるツーリングの走行距離
タイトル
走行距離走行区間北海道移動方法 出発  到着 所用時間天候ツーレポルート
759.0km函館→東京 高速フェリー4:1523:1519:00曇り時々雨第10弾 10日目地図
643.9km東京→秋田 全て高速5:3016:0010:30快晴第5弾 1日目地図
580.8km東京→大津 ほぼ高速??晴れ第4弾 1日目地図
572.6km東京→大阪 全て高速6:3016:3010:00晴れ第9弾 1日目地図
569.2km大阪→東京 全て高速8:3020:3012:00晴れ第6弾 10日目地図
525.2km奈良→東京 全て高速5:4015:009:40晴れ第9弾 11日目地図
510.5km志摩→東京 ほぼ高速??第4弾 4日目地図
477.5km東京→富山 半分高速7:3518:0010:25快晴第6弾 1日目地図
461.7km東京→石巻 ほぼ高速7:4517:309:45晴れ第8弾 1日目地図

ロングツーリングの初日または最終日は、たいてい移動日になります。フェリーの乗船時間に合わせて多少観光もしていますが、観光時間はかなり少ないです。移動方法は、ほとんど高速を使っています。

距離帯も460~760kmと幅も広いです。高速で400km程度なら難なく走れますが、猛暑や豪雨の中500km以上走るのは辛いですね。

最長距離の函館→東京 759kmは、所用19時間と書いていますが、実際にはフェリーの乗船時間が含まれており、青森港→東京間は12時間を要しています。この詳細については、後述で。

タイトル
走行距離走行区間北海道移動方法 出発  到着 所用時間天候ツーレポルート
449.5km日高→天塩5:2516:4511:20快晴第7弾 3日目地図
443.4km函館→室蘭6:1518:0011:45快晴第5弾 5日目地図
434.5km釧路→和琴6:3017:3011:00曇り第7弾 7日目地図
409.5km名寄→洞爺湖5:1017:3012:20曇りのち晴れ第10弾 8日目地図
409.5km帯広→苫小牧フェリー??晴れのち曇り第3弾 9日目地図
398.7km弟子屈→別海4:5017:5013:00晴れのち曇り第10弾 5日目地図
398.0km和琴→苫小牧フェリー5:4015:4510:05曇り第7弾 8日目地図
397.5km富山→金沢 少し高速5:5017:4511:55雨のち晴れ第6弾 2日目地図
394.9km岡山→奈良 半分高速6:3016:4510:15曇りのち晴れ第9弾 10日目地図
393.4km室蘭→富良野半分高速7:0017:0010:00曇り第5弾 6日目地図
388.1km美深→上士幌5:4517:1511:30快晴第7弾 5日目地図

本州に比べると北海道は、1日で長い距離を走れます。私の目安は、380km~450kmです。ただし、私は北海道ツーリングでは 5~6時と少し早めに出発しています。その代わり到着時間も17~18時と少し早めに切り上げています。朝が遅いとタイトな行程になります。

この距離帯も天候が重要です。天気が悪いとこの距離を走るだけの気力が続きません。

タイトル
走行距離走行区間北海道移動方法 出発  到着 所用時間天候ツーレポルート
358.6km釧路→帯広??曇りのち晴れ第3弾 8日目地図
353.5km御坊→志摩 ??晴れ第4弾 3日目地図
347.0km別海→女満別 6:0017:1511:15雨のち晴れ第10弾 6日目地図
344.0km青森→盛岡 少し高速7:0017:0010:00晴れ第8弾 5日目地図
344.0km米子→山口 5:5517:4511:50快晴第6弾 5日目地図
337.2km大津→御坊 ??曇り時々雨第4弾 2日目地図
336.4kmサロマ湖→中標津??晴れのち曇り第3弾 6日目地図
333.9km長崎→門司 少し高速6:3016:3010:00雨のち晴れ第6弾 9日目地図
331.5km秋田→弘前 6:0017:0011:00快晴第5弾 2日目地図
319.6km弘前→陸奥 6:3016:3010:00曇り第5弾 3日目地図
319.2km金沢→天橋立 6:1517:0010:45快晴第6弾 3日目地図
317.9km熊本→中津 6:2018:3012:10晴れのち雨第9弾 5日目地図
317.5km天野橋立→米子 5:5517:1511:20快晴第6弾 4日目地図
315.9km小樽→富良野4:5016:3011:40曇りのち晴れ第10弾 3日目地図
315.9km中標津→釧路??雨のち曇り第3弾 7日目地図
312.7km稚内→サロマ湖??曇りのち晴れ第3弾 5日目地図
306.2km広島→琴平 少し高速5:5517:1511:20晴れ第9弾 8日目地図
302.2km石巻→釜石 6:3017:3011:00曇り第8弾 2日目地図
298.9km山口→広島 少し高速7:2017:109:50晴れ第9弾 7日目地図
298.5km士別→稚内??快晴第3弾 4日目地図
294.7km中津→山口 6:3018:1011:40曇りのち晴れ第9弾 6日目地図
294.7km山口→伊万里 6:1017:3011:20快晴第6弾 6日目地図
290.6km天塩→美深5:1016:3011:20快晴第7弾 4日目地図
286.2km盛岡→酒田 少し高速7:1017:009:50曇りのち雨第8弾 6日目地図
285.1km上士幌→釧路6:4517:3010:45大雨第7弾 6日目地図
285.0km伊万里→佐世保 5:5517:4511:50曇り第6弾 7日目地図
276.0km富良野→士別??雨のち曇り第3弾 3日目地図
271.8km女満別→名寄6:5016:159:25雨時々曇り第10弾 7日目地図
266.8km酒田→会津若松 7:1517:3010:15曇りのち晴れ第8弾 7日目地図
260.3km釜石→八戸 7:0017:3010:30晴れ第8弾 3日目地図

普通にツーリングするなら、やっぱり260km~360kmです。

少し幅がありますが、観光地をいくつ回るかがポイントになると思います。のんびり回るなら300km以下で行程を引くのが良いと思います。

私はいつも 「300km」 を大きな目安にしています。300kmの行程ならたいてい予定していた場所を全て回ることができます。これで時間が余ったら、幾つか予定外のところを回ります。反対に、300km以上で行程を引いた場合は、時間が足りなくて走る予定の場所を幾つか断念することもあります。

この距離帯なら多少天候が悪くても大丈夫です。また、急遽予定変更することも可能ですね。

タイトル
走行距離走行区間北海道移動方法 出発  到着 所用時間天候ツーレポルート
251.7km陸奥→函館フェリー6:0017:3011:30晴れ第5弾 4日目地図
227.4km洞爺湖→函館4:4015:0010:20雨のち曇り第10弾 9日目地図
220.3km宮崎→鹿児島 フェリー9:0017:308:30晴れ第9弾 3日目地図
216.6km鹿児島→川内 7:2017:3010:10晴れ第9弾 4日目地図
205.0km苫小牧→富良野フェリー??晴れのち曇り第3弾 2日目地図
195.4km八戸→青森 7:0017:0010:00晴れ第8弾 4日目地図
167.6km会津→会津  8:0016:458:45曇り第8弾 8日目地図
150.5km琴平→岡山 6:5017:0010:10雨時々曇り第9弾 9日目地図
127.5km東京→大洗 フェリー10:0016:306:30快晴第7弾 1日目地図
125.2km大洗→東京 フェリー14:3018:304:00快晴第7弾 9日目地図
119.5km苫小牧→日高 フェリー14:0017:003:00快晴第7弾 2日目地図

フェリー移動が入るとどうしても距離が伸びません。110km~250kmの距離帯は、フェリー移動が絡んでいる場合が多いです。

観光地をゆっくりまわった為、距離が伸びていない日や、天候不順で早めに切り上げた日もあります。

それ以外では、SL撮影の為、ほとんど走らなかったという特殊な事情もあります。

タイトル
走行距離走行区間北海道移動方法 出発  到着 所用時間天候ツーレポルート
78.2km東京→東京 21:0023:452:45曇り第10弾 0日目地図
58.4km佐世保→長崎 5:207:001:40台風直撃第6弾 8日目地図

予想外の事態に陥り100km以下になったことが過去に 2回だけあります。

1番目の東京→東京 78.2kmは、高速走行中に荷崩れを起こしてシートバックを破損した為、急遽ツーリング取りやめて東京へ戻りました。

2番目の佐世保→長崎 58.4kmは、台風10号直撃でとてもまともに走れる状況ではなかった為、急遽市内観光に切り替えました。

ロングツーリングでは、こんなこともあります。


タイトル
北海道縦断ツーリングルート 前述の一覧表にもリンクを埋め込んでいますが、これまでに私が走ったロングツーリングの全ツーリングルートは、こちらのページ に書いています。
 ツーリングルートの作成には、Yahoo!のルートラボを使用しています。


タイトル
 1日で800kmとか1000kmとか、猛者ライダーの話は良く聞きますが、個人的にどのくらいが限界か検討してみます。
 まずは、私がこれまでに走った最長距離を2パターン。

地図タイトル

まず、私のこれまでの2番目の走行距離である、東京~秋田 約650kmです。内訳は、大泉~秋田中央間の高速が593.1km、下道が50.8km、所要時間は 11時間30分でした。下道は混んでいましたが、高速はほとんど渋滞していませんでした。

「まだまだ余裕があるじゃん」と思うかも知れませんが、真夏の炎天下の中を走った為、秋田に着いた頃はバテバテでした。天候は重要なポイントだと思います。

天候に恵まれていれば、あと 1~2時間は走れると思います。少し乱暴な計算になりますが、平均 56km/hで走っている為、距離にするとあと 56~112km、ざっと 750kmならなんとかなる計算です。

若いライダーさんならきっとまだまだ走れるでしょう。

秋田自動車道 大森PA秋田自動車 秋田中央IC

函館~東京 約760kmの地図(ツーリングルート)タイトル

次に私の最長走行距離である、函館~東京 約760kmです。内訳は、大泉~青森間の高速が697km、下道が62km、所要時間は 19時間ですが、これにはフェリーの乗船時間が含まれており、青森港 → 東京間は 13時間15分で走っています。

函館港の出港時間が5:50、青森港到着が9:40、東京着が23:15です。ちなみに私の自宅は、外環自動車道の大泉ICから約 45分です。

これが、

1日で東京~北海道を移動できるか?

のひとつの解答になったと思います。

ちなみにこの所要時間は、私の当初の予定より 2時間オーバしています。出発前の計画時は、青森~東京間を11時間(下道の走行時間込み)で走破する予定でした。時間がオーバした理由は、東北自動車道で猛暑/大雨/事故渋滞/自然渋滞という事態で予想外に時間を要した為です。多少のトラブルがあってもその日のうちに帰ってこられると言うことで(笑)

実際に走った感想ですが、やっぱりそれなりに疲れます。しかもこれをツーリング最終日の10日目に走った為に余計に疲れました。やってできないことは無いけど、そこは体力と相談だと思います。

東北自動車道 青森I/C青森港
東京から650km圏と700km圏

では、東京発と仮定してどこまで行けるか検討してみます。

単純計算では、北なら八戸(650km)、青森(700km)、

西なら、岡山(650km)、尾道(730km)、広島(800km)。

実際には、これに下道の距離を加算するので、ざっと北が青森、西が尾道辺りが限界かな? 横浜ナンバーの隼乗りライダーさんが広島まで 1日で走ったと聞いたので、まずまず良い線だと思います。

※左の図は、あくまで目安で正確な距離ではありません。

長距離走行で一番やっかいなのは、

ケツが痛くなること!!

 くれぐれもご注意を。

無理なルート計画は立てずに、自分にあった走行距離を選びましょう。


Copyright (C) 2006-2017 KaK. ()

このページに掲載されている画像の転載は、再配布条件 をご参照ください。