2015/04/12 作成、2015/06/11 更新

 スマホモードで表示中です。パソコンで閲覧されている場合は、ブラウザの横幅を広げてください。 

タイトルタイトル

2015年 3月27~29日に開催された第42回東京モーターサイクルショーのレポートです。

第42回東京モーターサイクルショーのバイク駐車場(駐輪場)

第42回東京モーターサイクルショー(2015年)に行ってきました。

去年は、体調不良と悪天候で断念した為、2年ぶりのショーになります。

拡大表示

第42回東京モーターサイクルショーのバイク駐車場(駐輪場)に並ぶバイクの列

今年は、有明東臨時駐車場がバイク駐輪場になっていました。

例年は 2~3人しかいなかった料金徴収員が今年は 6人になっていました。おかげで長い列もスムーズに流れていて良かったのですが、あいかわらず誘導員がひどい・・・。

まず、例年通り 2列になって並ぶライダーが多い中、途中から 6列にならぶように指示が出たせいでゴタゴタしてました。次にあいかわらずどこに駐輪場があるのか判らない。プラカードぐらいは用意して欲しいものです。

拡大表示

これまでの東京モーターサイクルショーのバイク駐輪場の変移

と言うのも、東京モーターサイクルショーのバイク駐輪場は、毎年のように場所が変わっています。

もちろん時間帯により満車になったら他の駐輪場へ誘導することはあるのですが、まともな誘導員がいない為、大半のライダーが去年と同じ場所へ行って空振りするという無駄な労力を費やしています。

ちなみに ← が過去 5回、私が止めた駐輪場ですが、毎年別の場所です。

拡大表示

東京モーターサイクルショーの入り口に展示していた巨大なバイクのオブジェクト

今回、ビックサイト西館のエスカレータを降りてすぐに目に飛び込んできたのが、この巨大なバイクのオブジェ!!

良く見ると廃材で作っているんですね。おもいっきり鍋とかのってるし(笑)

拡大表示

東京モーターサイクルショー Kawasaki展示ブース

前置きはこのくらいにして、展示会場の模様をレポートします。

今年も例年通り、Kawasaki展示ブースからいきます。

拡大表示

Kawasaki Ninja H2(輸出モデル)

今年のKawasakiの目玉は、やっぱりコレ!!

「Ninja H2」です。これは参考出品されていた輸出モデルです。

フレームがむき出しになっていると、「ドカ?」と思ってしまうのは私だけでしょうか? これまでのKawasakiのデザインとは一線を画するデザインになっています。

 

排気量:998cc

車両サイズ:2,085×770×1,125mm

車両重量:238kg

シート高:825mm

カラー:ミラーコートブラック

拡大表示

Kawasaki Ninja H2R

一方、こっちは国内モデルの「Ninja H2R」です。

フロントのコーティングがカスタムバイクでおなじみにのしゃぼん玉のカーボンのようですね。ノーズ、マフラーなど良く見るとH2とH2Rでは違いが多いです。車重もH2Rの方が22kgほど軽くなっています。レース用マシンなので、もちろん公道は走れません。発売予定日は、2015年 7月10日です。

 

排気量:998cc

車両サイズ:2,070×770×1,160mm

車両重量:216kg

シート高:830mm

カラー:ミラーコートブラック

メーカ希望小売価格:5,400,000円(本体価格 5,000,000円)

拡大表示

Kawasaki Ninja250SL

もうひとつ注目なのは、人気のNinja250の後継車種「Ninja 250SL」です。

SLは、「スーパーライト」の略です。その名の通り、従来のNinja250より20kgも軽量化されました。純正アクセサリも増えており、←のバイクは、良く見るとタンデムシートにシングルカバーキットが装着されています。

発売予定日は、2015年 4月15日です。

 

排気量:249cc

車両サイズ:1,935×685×1,0750mm

車両重量:149kg

シート高:780mm

カラー:ライムグリーン×エボニー

メーカ希望小売価格:459,000円(本体価格 425,000円)

拡大表示

Kawasaki VERSYS 1000

「VERSYS 1000」の2015年モデルです。

 

排気量:1043cc

車両サイズ:2,240×895×1,400mm

車両重量:249kg

シート高:840mm

カラー:キャンディバーントオレンジ×メタリックスパークブラック

拡大表示

Kawasaki VULCAN S

「VULCAN S」の2015年モデルです。

 

排気量:649cc

車両サイズ:2,310×880×1,100mm

車両重量:228kg

シート高:705mm

カラー:フラットエボニー

拡大表示

東京モーターサイクルショー K's style展示ブース

今年はKawasakiの隣に「K's style」の展示ブースが設けられていました。

拡大表示

K's style Ninja ZX-14R ABS stealth

K's style Ninja ZX-14R ABS stealth

漆黒のZX-14Rです。

 

車両価格:1,965,600円(カスタム費込み)

参考乗り出し価格:2,127,220円(税込)

拡大表示

K's style Ninja250 stealth

K's style Ninja250 stealth

 

車両価格:753,840円(カスタム費込み)

参考乗り出し価格:811,990円(税込)

※ABSモデルは、838,080円/896,230円

拡大表示

東京モーターサイクルショー YAMAHA展示ブース

続いてYAMAHAの展示ブースです。

今年もブースは2つあり、向かって右側はYAMAHA Racingブースでした。

拡大表示

YAMAHA YZR M1 MotoGPモデル

YAMAHA YZR M1 MotoGPモデル(参考出品車)

 

排気量:1,000cc

車両重量:158kg以上(FIMレギュレーション準拠)

最高出力:176kW(240PS)以上

拡大表示

YAMAHA YFZ-R25

YAMAHA YFZ-R25

 

メーカ希望小売価格:556,200円(本体価格:515,000円)

オプション:YAMALUBE外装セット、PLUNUSスリップオンマフラー、スポーツスクリーン、サイドスライダー、フォークキャップ、ステムカバー、ピボットカバー、スイングアームスプール、シングルシートカウル

拡大表示

YAMAHA MT-09 Tracer ABS

YAMAHA MT-09 Tracer ABS(参考出品車)

 

排気量:846cc

車両サイズ:2,160×950×1,345mm

車両重量:210kg

最高出力:81kW(110PS)/9,000rpm

タンク容量:18L

メーカ希望小売価格:1,047,600円(本体価格:970,000円)

拡大表示

YAMAHA TMAX530 ABS(TMAX IRON MAX)

YAMAHA TMAX530 ABS(TMAX IRON MAX)

 

排気量:530cc(直列 2気筒)

車両サイズ:2,200×775×1,420mm

車両重量:222kg

最高出力:35kW(48PS)/6,750rpm

タンク容量:15L

メーカ希望小売価格:1,090,800円(本体価格:1,010,000円)

拡大表示

YAMAHA SEROW225(1985年初代モデル)

YAMAHA SEROW225(1985年初代モデル)

 

排気量:223cc(単気筒)

車両サイズ:2,055×825×1,160mm

車両重量:102kg

タンク容量:7.6L

拡大表示

YAMAHA SEROW250(30周年記念モデル)

YAMAHA SEROW250(30周年記念モデル)

 

排気量:249cc(単気筒)

車両サイズ:2,100×805×1,160mm

車両重量:130kg

タンク容量:9.6L

最高出力:14kW(18PS)/7,500rpm

メーカ希望小売価格:545,400円(本体価格:505,000円)

受注期間:2015年10月末日まで

拡大表示

東京モーターサイクルショー HONDA展示ブース

HONDAの展示ブースです。

ここもあいかわらず人が多いです。

拡大表示

HONDA Bulldog

HONDAブースで目を引いたのがコレ、「Bulldog」です。コンセプトモデルの参考出品車ですが、市販予定はあるのかな?

 

排気量:399cc(2気筒)

シート高:730mm

拡大表示

HONDA RC213V-S

HONDA RC213V-S MotoGP レプリカ(参考出品車、プロトタイプ)

 

ちゃんとサイドミラーやウィンカー等の保安パーツが付いてる公道仕様のRC213Vです。

 

【2015/06/11追記】

価格が発表されました、税込みで 2190万円です!!

 

拡大表示

HONDA SFA

HONDA SFA(参考出品車、コンセプトモデル)

拡大表示

HONDA CRF250 Rally

HONDA CRF250 Rally(参考出品車、コンセプトモデル)

拡大表示

HONDA True Adventure

HONDA True Adventure(参考出品車、プロトタイプ)

今年もやってます、泥付き車体の展示。

拡大表示

HONDA フルバンク体験コーナ

HONDAの展示スペースには、フルバンク体験コーナがありました。

RC213Vでフルバンクを模擬体験することができます。2012年のBMWのブースにあったS1000RRウィリーシミュレータ。のフルバンク版ですね。

拡大表示

HONDA フルバンク体験コーナ

ちなみに待ち時間は、15分とかなり短めでした。

東京モーターサイクルショー SUZUKI展示ブース

続いて、SUZUKIの展示ブースです。

今年は、ほとんどのスペースが試乗エリアになっており、展示スペースはほとんど設けられていませんでした。

拡大表示

SUZUKI GSX-RR MotoGP Team Suzuki ECSTAR #25

SUZUKI GSX-RR MotoGP Team Suzuki ECSTAR(参考出品車)

 

排気量:1,000cc

車両サイズ:2,096×720×1,140mm

車両重量:160kg

最高出力:169kW(230PS)以上

拡大表示

Harley Davidson展示ブースのコンパニオン

国内四大メーカのブースを回り終えたところで、コーヒーブレイク。

Harley Davidson展示ブースのコンパニオンさんです。


東京モーターサイクルショー DUCATI展示ブース

では、外車の展示ブースに行って見ましょう。まずは、DUCATIから。

拡大表示

DUCATI展示ブースのタッチパネル

DUCATI展示ブースには、今年もタッチパネルが設置されていました。

展示車両のスペック情報などが表示されます。

拡大表示

DUCATI Superbike Panigale R

DUCATI Superbike Panigale R

 

スーパークアドロ L型 2気筒 4バルブ デスモドロミック 水冷

排気量:1,198cc

車両サイズ:2,060×745mm

車両重量:162kg

タンク容量:17L

最高出力:52.2kW/5,100rpm

シート高:830mm

メーカー小売希望価格:3,899,000円(本体価格 3,610,185円)

拡大表示

DUCATI Superbike 1299 Panigale S

DUCATI Superbike 1299 Panigale S

 

スーパークアドロ L型 2気筒 4バルブ デスモドロミック 水冷

排気量:1,285cc

車両サイズ:2,070×745mm

車両重量:166.5kg

タンク容量:17L

最高出力:130.5kW/8,750rpm

シート高:830mm

メーカー小売希望価格:2,999,000円(本体価格 2,776,851円)

拡大表示

DUCATI Multistrada 1200 S

DUCATI Superbike 1299 Panigale S

 

ドゥカティ・テスタストレッタDVT デスモドロミック可変バルブ L型 2気筒 4バルブ デュアルスパーク 水冷

排気量:1,198.4cc

車両サイズ:2,200×745mm

車両重量:212kg

タンク容量:20L

最高出力:112kW/9,500rpm

シート高:800~820mm(可変式)

拡大表示

東京モーターサイクルショー TRIUMPH展示ブース

TRIUMPHの展示ブースです。

拡大表示

TRIUMPH Daytona675 Ace Cafe London

TRIUMPH Daytona675 Ace Cafe London

Ace Cafeのデカールは、マン島TTレースのデイトナ675Rに参戦しているT3レーシングチームのモデルをベースに作られています。

 

排気量:675cc(並列 3気筒 12バルブ)

車両サイズ:2,045×695×1,112mm

車両重量:200kg

タンク容量:16L

シート高:820mm

最高出力:94kW(128PS)/12,500rpm

メーカ希望小売価格:1,385,000円(税込)

Ace Cafeデカールキット:42,600円(工賃別)

拡大表示

TRIUMPH Street Triple RX

TRIUMPH Street Triple RX

 

排気量:675cc(並列 3気筒 12バルブ)

車両サイズ:2,055×740×1,190mm

車両重量:193kg

タンク容量:16L

シート高:820mm

最高出力:76kW(104PS)/11,850rpm

メーカ希望小売価格:1,260,000円(税込)

カラー:マットアルミニウムシルバー

拡大表示

TRIUMPH Tiger800 XCx

TRIUMPH Tiger800 XCx

 

排気量:800cc(水冷12バルブDOHC直列 3気筒)

車両サイズ:2,225×865×1,370mm

車両重量:228kg

タンク容量:20L

シート高:840~860mm

最高出力:95PS/9,250rpm

メーカ希望小売価格:1,640,000円(税込)

カラー:ファントムブラック

拡大表示

TRIUMPH Tiger800 XRx

TRIUMPH Tiger800 XRx

 

排気量:800cc(水冷12バルブDOHC直列 3気筒)

車両サイズ:2,205×795×1,340mm

車両重量:223kg

タンク容量:20L

シート高:810~830mm

最高出力:95PS/9,250rpm

メーカ希望小売価格:1,449,000円(税込)

カラー:クリスタルホワイト

拡大表示

東京モーターサイクルショー BMW展示ブース

BMWの展示ブースです。

今年はセンターにトークショー用のコーナがあり、その両サイドに 2台のS1000RRが展示されていました。

拡大表示

BMW Team Tras 135HP S1000RR

BMW Team Tras 135HP S1000RR

拡大表示

BMW CONFIA Flex Motorrad39 S1000RR

BMW Team Tras 135HP S1000RR

拡大表示

BMW NEW S1000XR

BMW NEW S1000XR(参考出品車)

最近はどのメーカもこういうオブジェを使ったシチュエーション展示をしていますね。

 

排気量:999

車両重量:228kg(燃料満タン時)

タンク容量:20L

シート高:840mm

最高出力:118kW(160PS)/11,000rpm

拡大表示

東京モーターサイクルショー KTM展示ブース

KTM展示ブースです。

今年も華やかなオレンジ色に染まっています。

拡大表示

東京モーターサイクルショー KTM展示ブース

毎年恒例となったKTMの頭上展示。

今年もありました。

拡大表示

KTM 250 DUKE

KTM 250 DUKE

 

排気量:248.8cc(単気筒)

車両重量:139kg

タンク容量:11L

シート高:800mm

最高出力:23.5kW(32PS)/9,000rpm

メーカ希望小売価格:550,000円(税込)

拡大表示

KTM RC 390 CUP

KTM RC 390 CUP

 

排気量:373.2cc(単気筒)

車両重量:147kg

タンク容量:10L

シート高:820mm

最高出力:32kW(44PS)/9,500rpm

メーカ希望小売価格:1,080,000円(税込)

拡大表示

KTM RC 250

KTM RC 250

 

排気量:248.8cc(単気筒)

車両重量:147kg

タンク容量:10L

シート高:820mm

最高出力:23kW(31.3PS)/9,000rpm

メーカ希望小売価格:620,000円(税込)

拡大表示

SYMのコンパニオン

コーヒーブレイクその2。

SYMのコンパニオンです。


SYMのコンパニオン

もう1枚。


東京モーターサイクルショー Piaggio,Vespa,aprilia,Moto Guzzi合同展示ブース

今年は、Piaggio、Vespa、aprilia、Moto Guzziの 4社が合同の展示ブースを設置していました。

拡大表示

aprilia RSV4 2014 Champion Replica

aprilia RSV4 2014 Champion Replica

 

拡大表示

MOTO GUZZI V7 Stone

MOTO GUZZI V7 Stone

 

排気量:744cc(2気筒OHV 2バルブ)

車両サイズ:2,185×800×1,115mm

車両重量:198kg

タンク容量:22L

シート高:805mm

最高出力:37kW(50PS)/6,200rpm

メーカ希望小売価格:1,279,000円(税込)

カラー:ルビードブラック、アゲートグリーン、ディープレッド

拡大表示

東京モーターサイクルショー Bimota展示ブース(DB8,Tesi3D,DBx)

今年のBimotaは、DB8、Tesi3D、DBxの 3台を傾斜させて(前下がり)に展示していました。

拡大表示

Agusta F4 Filo Bianco

Agusta F4 Filo Bianco(参考出品車)

いつもの見慣れた白/赤ではなく、シルバーのF4です。参考出品車ですが、市販予定だそうです。

 

排気量:998cc

車両サイズ:2,115×750mm

車両重量:191kg

タンク容量:17L

シート高:830mm

拡大表示

Avinton Collector GT

Avinton Collector GT

フランス製のテーラーメイドバイクのベース車体です。

 

V型 2気筒 4ストプッシュロッド 4カムシャフト 4バルブ

排気量:1647cc

車両サイズ:1,990×750×970mm

車両重量:175kg

タンク容量:17L

シート高:790mm

最高出力:88kW(120PS)/5,750rpm(国内モデルは、47kW(64PS)/4,100rpm)

メーカ希望小売価格:5,558,000円(税込)※車両本体のみ

拡大表示

VYRUS 986 M2 Strada

VYRUS 986 M2 Strada(イタリア)

イタリア製のテーラーメイドバイクです。見るからに一風代わった斬新なデザインです。特にフロントの作りは個性的で、リアと同じくアーム型のサスペンションになっています。

 

HONDA 並列水冷 4気筒 DOHC16バルブ

排気量:599cc

車両サイズ:2,110×680×1,100mm

車両重量:145kg

タンク容量:14L

シート高:800mm

最高出力:83kW(113PS)/13,000rpm

拡大表示

津田拓也選手(Yoshimura Suzuki Shell Advance Racing Team)

ヨシムラの展示ブースでは、Yoshimura Suzuki Shell Advanceレーシングチームの津田拓也選手がトークショーを開催していました。

Cherry's Company Hightway Fighter

Cherry's Company Hightway Fighter

BMW S1000RRをベースにしたカスタムバイクです。

拡大表示

BRP can-am Spyder RT Limited

BRP can-am Spyder RT Limited

四輪普通免許で乗れます。カナダ製です。

 

ROTAX 1330 ACE 直列 3気筒

排気量:1,330cc

車両サイズ:2,667×1,572×1,510mm

車両重量:477kg

タンク容量:25.5L

メーカ希望小売価格:3,088,800円(本体価格:2,860,000円)

拡大表示

BRP can-am Spyder RT Limited

正面から見るとこんな感じ。

拡大表示

BRP can-am Spyder F3S

BRP can-am Spyder F3S

 

ROTAX 1330 ACE 直列 3気筒

排気量:1,330cc

車両サイズ:2,642×1,497×1,099mm

車両重量:386kg

タンク容量:27L

メーカ希望小売価格:2,322,000円(本体価格:2,150,000円)

拡大表示

DM Telai MIDI FACTORY RR

DM Telai MIDI FACTORY RR

こういうポケバイを見ていると欲しくなりませんか?

 

排気量:50cc

最高出力:16.5PS)/12,000rpm

メーカ希望小売価格:980,000円(税別)

拡大表示

ばくおん!!、佐倉羽音の痛バイク(CBR250Rの2014モデル)

ばくおん!!、佐倉羽音の痛バイクです。

CB400SFではなく、CBR250Rの2014モデルでした。

ばくおん!!、鈴乃木凜の痛バイク(GSR250F)

ばくおん!!、鈴乃木凜の痛バイクです。

GSX400Sカタナではなく、GSR250Fでした。

東京モーターサイクルショー Araiヘルメット展示ブース

Araiヘルメットの展示ブースです。

RX-7Xを前面に押し出していました。

拡大表示

HIT AIRのバイク用エアバッグ

HIT AIRのバイク用エアバッグです。

既にプロレーサが使用していますが、一般ライダーにも普及するのでしょうか?

拡大表示

プレス工業 バイクガレージ MOTO Cellar

プレス工業のバイクガレージ「MOTO Cellar」です。

四方がガラス張りなので、外から中のバイクを眺めることができます。ガレージ内のライトアップ機材はこの展示会用ではなく、実際の商品のレールに沿って取り付けることができます。まさにバイクのショーケース!!

拡大表示

カスタムバイクコーナ(custom people)

例年は中央広場で開催されていたカスタムバイクコーナが今年は片隅に追いやられてしまいました・・・。

拡大表示

第42回東京モーターサイクルショーのバイク駐車場(駐輪場)

と、こんな感じで第42回東京モーターサイクルショーの様子をお届けしました。

残念ながら今年はバイク駐車場を見渡してもZZR400が 1台も見つかりませんでした。かろうじてZZR1100Dが 1台止まっていましたが、そろそろZZRの絶滅も近いかな・・・。


このホームページに掲載しているコンテンツの無断転載は禁止です。

Copyright (C) 2006-2017 KaK. ()