2009/02/11 更新

 スマホモードで表示中です。パソコンで閲覧されている場合は、ブラウザの横幅を広げてください。 

タイトルタイトル

このページは、古い写真(1986~1987年)をスキャンしています。

おまけに東京駅のホームで撮影した写真ばかりですが、あしからず。

ブルートレイン出雲

ブルートレイン「出雲」です。

今も「サンライズ出雲」として特急名称だけは健在ですね。

この日の牽引は、EF65-1059号機でした。

以下、1986年に東京駅で撮影です。

東京駅~出雲市駅

1998年ブルートレイン運転終了

2009年現在、サンライズ出雲として営業運転中

ブルートレイン瀬戸

ブルートレイン「瀬戸」です。

同じく「サンライズ瀬戸」として特急名称だけは健在です。

牽引は、EF65-1103号機。

東京駅~高松駅(一部、松山駅)

1998年ブルートレイン運転終了

2009年現在、サンライズ瀬戸として営業運転中

ブルートレイン富士

ブルートレイン「富士」です。

このヘッドマークが特徴的でしたね。

牽引は、EF66-50号機。

残念ながら今年の 3月で廃止が決定しています。

東京駅~大分駅

2009年 3月、廃止予定

ブルートレインはやぶさ

ブルートレイン「はやぶさ」です。

後ろに写っている113系も今となっては懐かしいですね。

同じく、今年の 3月で廃止が決定しています。

牽引は、EF66-39号機。

東京駅~熊本駅

2009年 3月、廃止予定

ブルートレインみずほ

ブルートレイン「みずほ」です。

運行区間の都合上、はやぶさに負けて消えました(笑)

牽引は、EF66-35号機。

東京駅~熊本駅

1994年廃止

ブルートレインあさかぜ

ブルートレイン「あさかぜ」です。

新幹線と全く同じ運行区間だった割には、長命だったと思います。

牽引は、EF66-53号機。

東京駅~博多駅

2005年廃止

オハ24 ロビーカー(はやぶさ)

オハ24こと、当時初めて登場したロビーカーです。

はやぶさに使用されていました。この1両だけ、青色のボディに鮮やかなウィングラインが描かれており、一際目立っていました。

これ以降、車内の座席配置も多彩になりましたね。

踊り子(EF65+14系)

ブルートレインではありませんが、14系車両を使用したサロンエクスプレス踊り子です。

臨時列車ですが、普段見慣れている185系の踊り子と違って新鮮でしたね。

牽引は、EF65-1111号機と1090号機。

踊り子(EF65+14系)踊り子(EF65+14系)
踊り子(185系)

ちなみに、こっちが見慣れている185系の踊り子。

現在は、251系のスーパービューが多いですが、やっぱりこの姿が一番馴染んでいます。

入れ替え作業

当時、東京駅は10番線と12番線の間に待避線がありました。

ここを使って上野方面から品川方面へと機関車の入れ替え作業(機回し)を見るのが好きでした。

機関車の入れ替え作業(機回し)機関車の入れ替え作業(機回し)
サロンエクスプレス東京

ここから先はブルートレインではありませんが、サロンエクスプレス東京です。

欧風車両の先駆けですね。地味な車両が多い中、このカラーリングは鮮やかで斬新でした。これ以降、凝った車両が増えてきたと思います。

100系新幹線

1985年に初めてリニューアルされた新幹線 100系です(写真は1986年撮影)。

これを初めて見たときは、感激でした!

すらっと伸びた鼻先が美しいですね。今でも一番好きな新幹線です。

←の写真は、初期のX0編成です。

100系新幹線

100系の魅力のひとつがこれ2階建て車両。

今でこそあらゆる特急に2階建て車両が採用されていますが、メジャーな2階建て車両は近鉄ビスターカぐらいでしたね。

0系が並ぶ東京駅の新幹線ホームでこの100系の二階建て車両は一際存在感がありました。

EF55-1号機 ムーミン

ここから東京駅以外の写真になります。

これは1987年に高崎機関区で撮影したムーミンことEF55-1号機です。

この前後非対称のフォームは斬新ですね。

2009年 1月に現役を引退しました。個性のある魅力的な機関車が引退するのは非常に残念です。

EF70-1001号機

同じく1987年 高崎機関区の写真です。

撮影年とヘッドマークで判ると思いますが、国鉄が民営化されてJRが発足した記念日です。

「国鉄」という言葉の響きも懐かしいですね(笑)

私鉄を利用時に社内放送で駅が近づいたときに、

 「○○駅、○○駅、国鉄×××線をご利用の方はお乗り換えです。」

というアナウンスが流れていたのを思い出します。

←の写真は、EF70-1001号機です。

EF70-1001号機

EF60-19号機

同じくJR発足日。

トリコカラーのEF60-19号機が別のヘッドマークを付けていました。

EF60

EF62-1号機、EF59-11号機、C58-363号機

EF62-1号機、EF59-11号機、C58-363号機のスリーショットです。

同じく、1987年の高崎です。

これで気づいた方もいるかと思いますが、一番右に写っているC58は、秩父鉄道のパレオエクスプレス営業開始前の姿です。C58-363が車籍復活したのが1987年 3月 6日、JRの発足が1987年 4月 1日ですから、車籍復活直後の写真です。

翌1988年の3月15日がパレオエキスプレスの営業運転が開始され、2009年現在C58-363は現役で走り続けています。

EF81-11号機

EF81-11号機です。

撮影年は1986年ですが、どこで撮影したかは不明です。

EF81と言えば、やっぱりこの国鉄時代のローズカラーが好きです。

EF58-93号機 青大将

青大将ことEF58-93号機です。

1986年に大宮駅で開催されたイベント時の写真です。

EF65-1028号機

EF65-1028号機です。

撮影年は1987年ですが、どこで撮影したかは不明です。

DD53-1号機

DD53-1号機です。

写真は高崎で撮影したものですが、この後、碓氷峠鉄道文化むらへ移されました。


Copyright (C) 2006-2017 KaK. ()

このページに掲載されている画像の転載は、再配布条件 をご参照ください。