0その他編 ギタースコア/TAB譜(タブ譜) - 明日への風
2011/05/28 更新

スマホ向けのコンパクトスタイルで表示しています。

タイトルタイトル
タイトル
沙羅曼蛇
沙羅曼蛇 - KONAMI, 1986
  1. Power of Anger
  2. Fly High
  3. Planet RATIS
  4. Starfield
  5. Burn the Wind
  6. Destroy Them All
見出し画像
タイトル
Starfield

沙羅曼蛇より4面のテーマ Starfield です。

沙羅曼蛇の曲もグラディウスの流れを次いでいます。イントロを含めてもたったの16小節とお手軽な1曲。

メロディは単調なのですが、ハモの二弦弾きがちょっとやっかいですね。↓パート(メインメロ)だけの単音弾きなら EASY(☆☆) かな。KONAMIのアレンジバージョンだと↓パートのメインメロが左、↑パートのサブメロが右とパンで振られていますが、サブメロはちょっと聞き取りづらいですね。

(2009/07/04 追加)

 

タイトル
極上パロディウス
極上パロディウス - KONAMI, 1994
  1. 5面 BOSSテーマ
見出し画像
タイトル
極上パロディウス 5面 BOSSテーマ

極上パロディウスより5面のボステーマです。

このステージの曲は、モーツァルトピアノソナタ K331の第三楽章、 いわゆる「トルコ行進曲」です。 これをゲームミュージックと言うのは無理がありますが、 たまにはこんなのもありかなと。(パロディウスですから)
ギターの練習には打って付けの曲ですよ。 ↑のスコアは、ちょっと低いフレットで弾きすぎているので、2小節目以降は2弦下げた方が弾きやすいかも知れません。

(2009/10/24 追加)

 

タイトル
ダライアス(DARIUS)
ダライアス(DARIUS) - TATIO, 1986
  1. Captain Neo
  2. Cosmic Airway
見出し画像
タイトル
ダライアス(DARIUS) Captain Neo

初代ダライアス(DARIUS)より1面のテーマ "Captain Neo" です。

これも特徴的な曲ですね。ダライアスの世界観にぴったりの曲だと思います。出だしのベースパートが頭に焼き付いています。

しかし、ダライアス(DARIUS)の曲はどれも弾くには難しいですね。技術的に難しいというより、この独特の曲調は普通に弾くには難しいです。シーケンサーで打ち込んだ方が雰囲気が出ますね。

(2009/08/01 追加)

 

タイトル
パワードリフト(Power Drift)
パワードリフト(Power Drift) - SEGA, 1988
  1. Like the wind
  2. Artistic Traps
見出し画像
タイトル
Like the wind パワードリフト(Power Drift)

"Like the wind" です。このタイトルを聞くときっと 「あぁ~、グランツーリズモね」って思う人の方が多いでしょう。でも、違います。

今から21年前にSEGAがアーケードでリリースした "POWER DRIFT(パワードリフト)" の曲です。 曲のタイトルがグランツーリズモと全く同じですね。

Like the wind は軽快でとてもノリの良い曲です。このメロディはギター向きですね。原曲のメロディはキーボードですが、ピッチベンドを使いまくっているので、スライドにしてみました。これは弾いていて楽しいです。メロディラインは簡単なので特に問題ないと思います。ただし、一番高い音がEなので普通の22フレットギターだとサビのラストで22フレット目をフルベンドするか、5フレットでN.H.する必要があります。無理せずに、最初から1~2フレット下げてキーをF#かFで弾く方が楽ですね。

(2009/07/05 追加)

 

タイトル
ガントレット(Gauntlet)
ガントレット(Gauntlet) - ATARI, 1985
  1. Treasure Room
見出し画像
タイトル
Treasure Room ガントレット(Gauntlet)

10・・・9・・・8・・・7・・・6・・・5・・・4・・・3・・・2・・・1・・・Good luck next time!!

↑わかるかな? 意表を突いた選曲だと思うのですが。

Gauntletから "Treasure Room" のBGMです。

このやや不規則に上下するメロディの怪しさがTreasure Roomの雰囲気にマッチしていますね。元々ギター向きではないので↑のTABもやや苦しいのですが、多分もっと良い弾き方があると思います。コードは記載していませんが、ルートは終始Gです。

ガントレットは学生時代によく4人でプレーしていました。4人プレーのTreasure Roomは、何故か協力ではなく、お互い相手を陥れようとして結局誰もEXITに辿り着けないこともありました(笑)

スコアには明記していませんが、曲全体がaccelerandoです(ritardandoの反対で徐々にテンポアップ)。

(2011/05/28 追加)

 

タイトル
A列車で行こう2001
A列車で行こう2001 - ARTDINK, 2001
  1. New Century
  2. Rush Hour
  3. Morning Wind
  4. Shinin' Crossing
  5. 街角の女
  6. おめでとう
  7. 微笑み
見出し画像
タイトル
Shinin' Crossing - A列車で行こう2001

A列車で行こう2001から "Shinin' Crossing" です。

A列車のBGMの中では、この曲が一番好きです。でも、A列車はランダムで曲がかかるので、ミュージックモード以外では狙って聞くことはできません。おまけに線路敷設や設定画面ではBGMが流れないので、高速で時間を進めているうちに流れてしまったりするんですよね(笑)

この曲は、ブラスパートが入っているのでバンド風で華やかです。Jazzと言うよりは、ビックバンドっぽい雰囲気がありますね。大編成で演奏したらきっと楽しそうな曲です。

コードは聴き取れなかったので適当です・・・すみません。

(2009/08/15 追加)

 

タイトル
ミスタードリラーG(Mr.Driller G)
ミスタードリラーG(Mr.Driller G) - Namco, 2001
  1. Go→
見出し画像
タイトル
Go→ - ミスタードリラーG(Mr.Driller G)

ミスタードリラーGから "Go→" です。

まだ未完成です。この曲は、2パートで書いているのですが、サブパートがまだまだあやふやです。ストリングやブラス中心の曲なので、ギターで弾こうとすること自体に無理があるのですが、 ボリュームも多くて苦戦してます。

Go→は、良い曲ですね。ドリラーは1回しかプレーしたことがないのですが、このゲームのBGMは好きな曲が多いです。

(2009/11/15 追加)

 

タイトル
スペースチャンネル5(Space Channel 5)
スペースチャンネル5(Space Channel 5) - SEGA, 1999
  1. Mexican Flyer
見出し画像
タイトル
Mexican Flyer(スペースチャンネル5)

スペースチャンネル5から "Mexican Flyer" です。

この曲はカバーです。Wikiによるとオリジナルは、Ken Woodman & His Piccadilly Brass。 SpaceChannel5 part2のOPバージョンも大幅にアレンジされています。この曲に限らず、スペースチャンネル5の作中ではいろんな曲が登場します。

 


Copyright (C) 2006-2017 KaK. ()

このページに掲載されている画像の転載は、再配布条件 をご参照ください。