2012/03/11 更新

 スマホモードで表示中です。パソコンで閲覧されている場合は、ブラウザの横幅を広げてください。 

タイトルタイトル

オリエンテーリング 元加治コース
No.001 元加治コース (埼玉県日高市)
距離 10km(ポスト数 11ヶ所)
お勧め度 : ★★★★★

このページでは、パーマネントコースの踏破レポートを掲載しています。

ポスト記号は隠していますが、コース全容のネタバレになっています。

これからこのコースを回る方は、1つ前のページに戻ってコース概要のみをご覧下さい。

このコースを回る予定の無い方のみ引き続きご覧下さい。

戻るボタン 進むボタン

オリエンテーリング 元加治コース

元加治コースのスタート地点は、ここ西武池袋線の元加治駅です。

池袋駅から急行で約43分。

オリエンテーリング 元加治コース

マスタルートマップは、駅前にあるのですぐに判ります。

コースナンバー001、栄えあるトップナンバーコースです。

オリエンテーリング 元加治コース

オリエンテーリング用の地図は、駅間の滝沢書店で売っていますが、土日は営業していません。

休みの日に回る方は、セブンイレブンで仏子コースのマップをネットプリントすることをお勧めします(ネットプリントコード=JOAPO011A)。

元加治コースと仏子コースは全く同じ地図をベースにしている為、仏子コースの地図上に元加治コースのコントロールを記入すればOKです。

オリエンテーリング 元加治コース

ちなみに、私は電車ではなくいつもバイクで移動しています。

元加治駅前でコントロールを地図に記入したら阿須運動公園にバイクを停めて、ここを今回のスタート地点とします。

オリエンテーリング 元加治コース

第1ポストを目指して進むとすぐに森の中へ入ります。

オリエンテーリング 元加治コース

木々はそれほど密集してなく、比較的に浅い森です。道もはっきりとしているので歩きやすかったです。

オリエンテーリング 元加治コース

歩いているとすぐに第1ポスト発見。

オリエンテーリング 元加治コース

第2ポストへ向かう途中でハイキング用に整備された道に出ました。

オリエンテーリング 元加治コース

左下が元加治コースのマップですが、第1ポストから第2ポストへ向かう途中に分岐点があります。この分岐点を通り過ぎてしまうと赤い矢印の場所に仏子コースの第4ポストがあります。右下が仏子コースの地図です。

分岐点を間違って直進してもコンパスさえ見ていればこのポストは違うことに気が付きますが、オリエンテーリング初心者の方は惑わされないように注意して下さい。

オリエンテーリング 元加治コースオリエンテーリング 元加治コース
オリエンテーリング 元加治コース

こっちが正しい元加治コースの第2ポストです。

オリエンテーリング 元加治コース

第3ポストは、桜山展望台の側にあります。

展望台からは飯能市街を一望することができます。高さはそれほど高くはありませんが、それでも良い眺めです。

オリエンテーリング 元加治コースオリエンテーリング 元加治コース
オリエンテーリング 元加治コース

第3ポストから第4ポストの間は、少々歩きづらい道になっています。

途中で道路を横断するのですが、その先の登り道は木々が生い茂っていて道がやや不明瞭なところがあります。ただ、距離的には短いので歩きづらい区間はわずかです。

オリエンテーリング 元加治コースオリエンテーリング 元加治コース
オリエンテーリング 元加治コース

分岐路に立つ第4ポスト。

オリエンテーリング 元加治コース

第4ポストの先に竹林がありました。

回る時期によってはもっと緑が綺麗になるかな?

オリエンテーリング 元加治コース

第5ポスト。

この先は歩きやすい道が続いています。

オリエンテーリング 元加治コース

第6ポスト。

オリエンテーリング 元加治コース

この日は、前日に雨が降った影響でかなり湿度が高かったです。

小川の周辺は霞がかかっていました。

オリエンテーリング 元加治コース

上り階段の先に第7ポスト。

オリエンテーリング 元加治コース

第8ポスト。

この辺りも雨の影響でぬかるんでいました。

オリエンテーリング 元加治コース

第8ポストを過ぎると森を抜けて、舗装された道に出ます。

ここまで来ればあとは帰り道も同然。

道路脇に第9ポスト。

オリエンテーリング 元加治コース

駿河台大学の脇を通り、第10ポストへ。

オリエンテーリング 元加治コース

入間川に架かる橋を渡ります。

振り返るとキャンパスの向こう側に先ほどまで歩いてきた森が見えます。

オリエンテーリング 元加治コース

最終ポスト、第11ポスト。

さすが今でも残る古参コースだけあって良いコースでした。

家族でもハイキング気分で回れることができます。


Copyright (C) 2006-2017 KaK. ()

このページに掲載されている画像の転載は、再配布条件 をご参照ください。