2014/07/22 更新
タイトルタイトル

このページは、ツーリングとは関係のない話です。
タイトル
 Silverlightって知っていますか? Silverlightは、Microsoftが提供しているプレゼンテーション用画像データの表示ツールで、InternetExplorer等のブラウザ上でXAML形式のデータを表示することができます。
 2009年 6月現在、Silverlightを使ったコンテンツは少なく、まだまだFlashに比べると知名度が低いようです。このホームページでは、今後 Silverlight(XAML) を使ったコンテンツを増やしていく予定です。

 Silverlightをインストールしていない場合は、たいていXAMLデータを含むページを開くとインストール用のアイコンが表示されます。もし、Silverlightがインストールされていないパソコンでこのページを見ている場合は、このページの一番下にインストール用アイコンが表示されていると思います。
Silverlight
タイトル
 Silverlight用の画像データ作成ソフトに Deep Zoom Composerというツールがあります。
 Deep Zoom Composerは、大きい画像データから拡大縮小可能なマルチイメージのXAMLデータを生成することができます。
 このホームページでは、2009年のロングツーリング記から Deep Zoom Composer で生成したデータを使い始めました。
Deep Zoom Composer
 Deep Zoom Composerで作成したデータは、マウスの左クリックやホイールを使って拡大縮小できます。
 このホームページでは、基本的な1枚画のデータしか使っていませんが、Deep Zoom Composerが生成したXAMLデータを直接編集すれば、いろんな機能を追加することができます。このホームページでも少しずつトライしていく予定です。
城山展望台(Silverlight形式)大観峰(Silverlight形式)
尾道(千光寺公園)(Silverlight形式)大観峰(Silverlight形式)
ナイタイ高原牧場(Silverlight形式)

※管理人は、Windows XP + Firefox5,Google Chrome 2,IE8,Opera9,Safari4 で動作確認しています。
 OperaとWin+Safariは、Microsoftのサポート対象外ですが、今のところ問題なく動作しています。
 Window 2000 SP4とMacは、制約事項があるので注意が必要です。

 ちなみにパノラマ写真撮影の話は、少しだけ↓に書いてます。
タイトル
今のところ、2つの用途を考えています。
 ・XAML形式の地図データ
 ・XAML形式のスコア(譜面)データ

どちらもベクトルデータに向いていると思います。地図はXAMLで記述すれば画質を劣化せずに拡大縮小ができるし、スコアはデータから譜面に起こすのが楽になりそうです。ダイナミックなXAMLデータを作るテストも始めています。
とにかくやりたいことはたくさんあるのですが、時間が・・・・・・。
 ゲームミュージック編アニソン編 のページで使用しているSilverlight版のスコアビューアです。
 まだ肝心のスコア編集が完成していないので、とりあえず全部イメージ化して表示しているだけの仮バージョンです。
 Silverlight 4のout of browser機能に伴う権限昇格でローカルファイルが読み込めるようになるので、近々大幅に改良する予定です。
 スコアビューア用のソングセレクタです。
 こういうGUIをサクっと作れるところがSilverlightの利点だと思います。
 やってることは凄いシンプルでTranslateTransformとPlaneProjectionを使ってイメージをぐるぐる回しているだけです。

 Silverlight版のスコアビューアについては、こっちのページ にまとめてることにしました。

Microsoft Silverlight を取得

Copyright (C) 2006-2017 KaK. ()

このページに掲載されている画像の転載は、再配布条件 をご参照ください。