2012/02/28 更新

スマホ向けのコンパクトスタイルで表示しています。

タイトルタイトル

ここでは、ツーリング以外の小ネタを書いていきます。

今回はクッキング編です。

 

ミルフィーユ

スーパーの朝一で安くて美味しそうな苺をゲットしました。

せっかく良い苺が手に入ったので、このまま食べるのはもったいない。

よし、Let's cooking!!

ミルフィーユ

前回はレアチーズケーキという手抜きスイーツだったので、今回はまともなケーキを作ってみます。

まずは、薄力粉と強力粉1対1に砂糖と塩を少々加えてバターを練り込みます。パートフィユテ作りです。つなぎは、牛乳を入れる場合と卵を入れる場合がありますが、今回は卵を使っています。

ミルフィーユ

こねこねこねこねこねこねこ・・・・・・猫猫猫猫にゃ~

ミルフィーユ

生地のベースができたところでぬらした布巾に包んで冷蔵庫へ。

まずは、生地を1時間ほど寝かせます。

ミルフィーユ

続いてバターを麺棒で伸ばして四角形にします。

暖房を付けた部屋でこれをやるとバターがみるみる溶けてくるので要注意です。

ミルフィーユ

冷蔵庫から取り出した生地を伸ばしてバターを乗せます。

生地を練るときにもう少し水を加えても良かったかも。ちょっと乾燥気味になりました。

ミルフィーユ

折りたたんで・・・

ミルフィーユ

伸ばして・・・

ミルフィーユ

また折りたたむ。

気をつけないと練り込んだバターが飛び出して大惨事になります。

ミルフィーユ

再び冷蔵庫へ入れて生地を 1時間ほど寝かします。

この折りたたみ作業を計 5回繰り返します。つまり、ここまで生地を寝かした時間だけでも 5時間かかっています。
(最初の 1回+折りたたみ休憩 4回= 5回)

さらに、ここから半日ほど生地を寝かします。

本日の作業はここで終了。

タイトル
ミルフィーユ

ケーキ作り 2日目です。

まずは、冷蔵庫で半日寝かせた生地を取り出して麺棒で伸ばします。

ミルフィーユ

ここから焼き工程なのですが、うちのオーブンは小さいので 3枚×2回の計 6回に分けて焼きます。

クッキングシートの上に生地をのせてフォークでピケしてから

まずは 1回目。

ミルフィーユ

片面15分焼いたら一度取り出して裏面に。表面に砂糖をちりばめて 2回目の焼きです。

ここから先は焦げに注意。

ミルフィーユ

砂糖が溶けて良い感じの焼き具合になりました。

甘い香りが漂ってきます。

ミルフィーユ

横から見るとこんな感じです。これが三つ折り×5回の成果。

ちゃんと層になっています。サクサクのパイですよ。

ミルフィーユ

続いて、カスタードクリームを作ります。

まずは、牛乳と砂糖を暖めます。

ミルフィーユ

卵黄、砂糖、薄力粉、バニラエッセンスを加えてさらに煮詰めていきます。ぽってりとしたところでバターを加えて練ればカスタードクリームのできあがり。

ここからいよいよ組み上げなのですが・・・。

ミルフィーユ

いきなり完成(笑)

と言うのも、この工程はいろいろと忙しく写真を撮っている余裕がない!

綺麗に積み上げるのは難しいですね。

この後、側面をパイくずで埋めてしまうとこれがミルフィーユだと判りづらくなってしまうので、いまのうちに1枚だけ写真に収めました。

ミルフィーユ

最後の仕上げです。

側面にはパイくずを、上には粉砂糖を振ります。

ミルフィーユ

苺をのせてミルフィーユ完成!

やっぱり苺のミルフィーユ作りは時間がかかりますね。

調理時間は生地を寝かせる冷蔵時間を含めると約18時間です。

次回は、もっと簡単なスイーツを作ります。


Copyright (C) 2006-2017 KaK. ()

このページに掲載されている画像の転載は、再配布条件 をご参照ください。