2015/07/20 更新
タイトルタイトル

◆高速料金や距離の計算サイトを探されている方へ◆

 このページのアクセスログを見ていると、高速道路の距離や料金を検索できるサイトを探されている方が多数いらっしゃいます。
 以下のサイトで距離や料金が計算できます。
  ・ドラぷら - NECO東日本(旧道路公団)
  ・高速日和 ドライブコンパス - NEXCO中日本(旧道路公団)


 高速道路の走行記録です。
 普段は極力高速を使わないようにしていますが、移動時間短縮にはやはり高速が便利ですね。
 ここでは、これまでに走った高速道路を記録します。目指せ全線走破!!

 二輪ETCの高速料金割引については、二輪ETCのページ に書きます。

【関東】
 ・中央自動車道
 ・東名高速道路
 ・関越自動車道
 ・常磐自動車道

100.0%
100.0%
100.0%
84.0%
【信越・北陸】
 ・上信越自動車道
 ・長野自動車道
 ・北陸自動車道

52.4%
100.0%
15.4%
【東北】
 ・東北自動車道
 ・磐越自動車道
 ・秋田自動車道

100.0%
52.9%
69.2%
【北海道】
 ・道央自動車道
 ・道東自動車道
 ・札樽自動車道

64.7%
100.0%
100.0%
【近畿・関西】
 ・名神高速道路
 ・近畿自動車道
 ・阪和自動車道
 ・伊勢自動車道
 ・神戸淡路鳴門道

100.0%
100.0%
41.6%
100.0%
91.6%
【中国】
 ・西瀬戸自動車道
 ・瀬戸中央自動車道
 ・中国自動車道
 ・山陽自動車道

72.7%
100.0%
14.6%
32.0%
【四国】
 ・高松自動車道
 ・松山自動車道
 ・徳島自動車道
 ・高知自動車道

52.9%
38.5%
0.0%
0.0%
【九州】
 ・九州自動車道
 ・宮崎自動車道
 ・大分自動車道
 ・長崎自動車道

48.5%
16.7%
0.0%
0.0%
 数値は走破率です。 こういう表を見ると某音ゲーのパーフェクト率表を思い出しますが(笑)

◆首都高高井戸調布国立府中八王子相模湖上野原大月大月jc勝沼一宮御坂甲府南甲府昭和双葉jc韮崎須玉小淵沢諏訪南諏訪岡谷jc伊北伊那

松川飯田園原中津川恵那瑞浪土岐土岐jc多治見小牧東小牧jc
大月jc都留河口湖
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
中央自動車道ルート

まずは、中央高速。

都内在住なのでさすがに利用頻度が一番高く、上りも下りも全線走破しています。

関西方面へ行くときは小牧JCTから名神高速へ、信越方面へ行くときは諏訪JCTから長野道へと乗り継ぎます。大月から富士五湖まで支線が出ています。新宿に住んでいた為、首都高新宿線から中央高速に乗ることもしばしば。

中央高速は、都内から諏訪まで国道20号線こと甲州街道が併走しています。大月、甲府近辺なら高速を使わずに甲州街道を使用します。

中央高速は、山の中を走っている為、二車線なのが致命的です。関越や東名と比べても渋滞しやすく、土日は早朝から渋滞が発生します。首都圏中央連絡道が開通したらもっと混雑するのでは?

諏訪SA諏訪SA
◆首都高東京東名川崎横浜青葉横浜町田厚木秦野中井大井松田御殿場裾野沼津富士清水静岡焼津吉田相良牧之原菊川掛川袋井磐田浜松浜松西

豊川音羽蒲郡岡崎豊田jc豊田東名三好日進jc名古屋春日井小牧小牧jc◆名神
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
東名高速道路ルート

続いて、東名高速道路。

中央高速と同じく、東名高速も上り下り全線走破しています。

都内から関西方面へ行くには、中央道を使う方法と東名を使う方法があります。東名の方が若干距離が短いのですが、私の家から行くと時間的にはほぼ同じです。小牧から先は名神に繋がっています。伊勢自動車道から帰ってきたときは、豊田JCTから東名に乗りました。

普段は、厚木ICから東名を使って静岡方面へ行きます。ただし、中央と同じく帰りは渋滞に巻き込まれる可能性が高いですね。御殿場までは国道246号線が併走している為、下道を使うことも多いです。

東名下り線は、大井松田ICを過ぎた直後に分岐点があり右ルートと左ルートを選択できます。OutRunのようで良くないですか?(笑)

足柄SA諏訪SA
練馬大泉jc所沢川越



島jc
東松山嵐山小川花園本庄児玉藤岡jc高崎jc高崎前橋渋川伊香保赤城昭和沼田月夜野水上湯沢塩沢石打六日町小出堀之内越後川口小千谷長岡◆北陸道
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
関越自動車道ルート

関越自動車道です。

新潟港からフェリーを使う際に上り下りとも全線走破しました。あの時は嵐のような大雨の中を走っていたのですが、関越トンネルと抜けると日本海側は全く雨が降っていなかったのが凄い印象的でした。

新宿在住時は、目白通りからそのまま練馬ICに入ることができた為、秩父方面に出かける時はいつも関越を使用していました。

実家が所沢ということもあり、花園ICまでは全てICを使用したことがあります。

大泉JCT手前の新座料金所には、バイク専用レーンがあります。ETCよりも先にバイク専用レーンを普及させて欲しいですね。

上里SA塩沢石打SA
川口jc浦和岩槻久喜加須羽生館林佐野藤岡栃木栃木都賀jc鹿沼宇都宮矢板西那須野塩原那須白河矢吹須賀川郡山南郡山郡山jc本宮二本松福島西福島飯坂国見白石村田村田jc仙台南仙台宮城大和古川築館若柳金成一関平泉前沢水沢北上金

北上jc北上江釣子花巻南花巻jc花巻
紫波盛岡南盛岡滝沢西根松尾八幡平安代jc安代鹿角八幡平十和田小坂

大鰐弘前黒石浪岡青森
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
東北自動車道ルート

国内最長の高速道路、東北自動車道です。

北海道へ行く為に、2回ほど仙台まで走るなど、ロングツーリングでは何度か利用しています。仙台なら東京から約 350kmなので丁度良いですね。途中から二車線になりますが、その辺りから交通量も減り、かなり走りやすいです。ただし、東京23区外から出かけると、川口JCTに入るまでに時間を要するのがネックです。

2010年夏の北海道ツーリングの復路で青森ICから川口JCTまでの 679.5kmを全線走破しました。川口JCTから外環自動車道で大泉までとさらに下道を合わせて計750kmを11時間で走りきる予定でしたが、実際には13時間15分かかりました。この時は、猛暑と豪雨と事故渋滞と自然渋滞という予想外の事態で予定時間を 2時間以上オーバしました。

安達太良SA青森IC
三郷jc流山谷和原谷田部つくばjc桜土浦土浦北千代田石岡岩間友部jc水戸那珂日立南太田日立中央日立北高萩北茨城いわき勿来いわき湯本いわきjcいわき中央いわき四倉広野常磐富岡
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
常磐自動車道ルート

常磐自動車道です。

都内在住なのに使う機会がほとんどありません。東北自動車道があるので茨城方面へ行くとき以外には使用することがないですね。

2004年に仙台から帰ってくる時、毎回東北自動車道を使うのは面白みがないので、常磐自動車道で帰ってきました。しかし、三郷から外環自動車道を使う必要があるので、やっぱり時間がかかり不便ですね。

藤岡jc藤岡吉井富岡下仁田松井田妙義碓氷軽井沢佐久小諸東部湯の丸上田菅平坂城更埴jc長野須坂長野東信州中野豊田飯山信濃町妙高高原中郷上越高田上越jc
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
上信越自動車道ルート

上信越自動車道です。

関越自動車道の藤岡JCTから接続して、上越JCTで北陸道に接続しています。更埴JCTでは長野自動車道経由で中央自動車道に繋がっています。

草津方面に出るときは軽井沢まで高速で行けるのが便利なのですが、妙義山越えで下道を使う方が多かったりします。

2006年に富山まで出たときは、あえて途中の信濃町ICで降りました。下道を使って信州を横断するのも楽しいです。

信濃町IC
岡谷jc岡谷塩尻塩尻北松本豊科麻績更埴更埴jc
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
長野自動車道ルート

長野自動車道です。

中央自動車道と上信越自動車道を結ぶ、全長75.8kmの短い高速です。

長野方面へ1泊ツーリングに出かけるときには非常に便利です。手前の諏訪で降りてしまうこともあるんですけどね。

新潟中央jc新潟西巻潟東三条燕中之島見附長岡jc西山柏崎米山柿崎上越上越jc名立谷浜能生糸魚川親不知朝日黒部魚津滑川立山富山富山西小杉砺波小矢部砺波jc小矢部
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
北陸自動車道ルート

北陸自動車道です。

関東ライダーにはなかなか使う機会が少ない高速道路ですが、新潟港 10:30発の小樽行きのフェリーに乗るため夜通し関越と北陸道を走り続けたライダーは、きっと私だけではないはず。

他の高速と異なり、除雪車用の待避路があったのが印象的でした。

黒埼PA新潟中央IC
いわきjcいわき三和小野船引三春郡山東郡山jc磐梯熱海猪苗代磐梯高原磐梯河東会津若松会津坂下西会津津川三川安田新津新潟中央jc新潟中央
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
磐越自動車道ルート

磐越自動車道です。

仙台から帰る途中で郡山JCTから磐越自動車道に乗り、いわきJCTから常磐自答車道へ乗り換えました。

関越自動車道→北陸自動車道で関東から新潟まで走ってきても新潟中央ICで降りると最後の1区間は、磐越自動車道になります。

新潟中央IC
北上jc北上西湯田横手大曲西仙北協和河辺jc秋田南秋田中央秋田北昭和男鹿半島五条目八郎潟琴丘森岳
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
秋田自動車道ルート

秋田自動車道です。

北上JCTで東北自動車道から乗り継ぎます。

交通量がそこそこある割には片側1車線しかない為、追い抜き区間までずらっと車列ができることがあります。焦らずにのんびり走りましょう。

都内から東北自動車道経由で秋田中央まで走ると約650kmあります。

西仙北SA秋田中央IC
八雲国縫長万部豊浦虻田洞爺伊達室蘭登別室蘭登別東白老苫小牧西苫小牧東千歳千歳恵庭jc恵庭北広島札幌南大谷地北郷札幌札幌jc江別西江別東岩見沢三笠美唄奈井江砂川滝川深川jc深川旭川鷹栖旭川北比布jc和寒士別剣淵
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
道央自動車道ルート

道央自動車道です。

北海道なら高速道路なんて走る必要ないのでは? と思われる方も多いでしょう。その通りだと思います(笑) それでも限られた時間で少しでも移動時間を短縮する為に、道央自動車道を使っています。

苫小牧港から上陸した場合はあまり使い道がありませんが、小樽港から上陸した場合は素早く美瑛・富良野・旭川方面へ移動できるので便利ですね。ただでさえ朝4時に着岸するので早朝にはもう現地に到着することができます。

道央自動車道の問題は、札幌JCTを過ぎた辺りから三笠までの間に吹き付ける強烈な横風です。はっきり言って怖いです! ZZR250の時は、車体が軽かったせいもあるのですが、突風に煽られて路肩まで飛ばされたことがあります(笑)

岩見沢SA
千歳恵庭jc千歳東追分町夕張占冠トマム十勝清水芽室音更帯広池田本別浦幌白糠建設中
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
道東自動車道ルート

道東自動車道です。

現在開通しているのは、千歳稲庭~夕張間と十勝清水~池田間だけです。全線開通していないため暫定ですが、開通区間は走破しています。

十勝清水~池田間は、2000年に走りましたが、はっきり言って寂しいです。前走車はおろか対向車もほとんどいません。対向車線にバイクが走ってきたとき、思わずここが高速だと言うことを忘れてライダーサインを交わしてしまいました(笑)

途中の十勝平原SAもトイレ以外に何の設備も無くて寂しいです。が、2010年にここ道東自動車道が無料化されて一転しました。無料化実験初日に走ったところ、10年前とは天と地の差の交通量が。無料化恐るべし・・・。

十勝平原SA十勝平原SA
小樽朝里銭函手稲札幌西新川札幌北伏古雁来札幌jc
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
札樽自動車道ルート

札樽自動車道です。「さっそん」です、「さったる」ではありません。

その名の通り札幌と小樽を結ぶ38.3kmの短い高速です。

小樽港に上陸後、すぐに札樽自動車道に乗れば、左手に朝日に照らされた石狩湾を眺めながら走ることができます。

◆東名小牧IC一宮一宮jc岐阜羽島大垣

米原jc彦根八日市竜王栗東瀬田東瀬田西大津京都東京都南茨木吹田jc吹田豊中尼崎西宮◆阪神高速
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
名神高速道路ルート

名神高速道路です。

関東方面から関西方面へ来ると、中央道で来ても東名で来ても名神高速へと繋がります。

比叡山へ行くときは、途中大津ICで降りました。大津SAからは、琵琶湖も眺められます。吹田JCTからは、近畿自動車道に乗り継いでいます。

大津SA大垣IC
吹田jc摂津北摂津南門真大東鶴見東大阪北東大阪jc東大阪南八尾長原松原jc
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
近畿自動車道ルート

近畿自動車道です。

吹田JCTで名神高速から乗り継ぎそのまま松原JCTから阪和自動車道に乗り継げます。

北九州からフェリーで大阪南港まで帰ってきたときは、八尾ICから近畿自動車道に乗りました。

松原jc松原美原北美原jc美原南堺jc岸和田和泉貝塚泉佐野jc泉南阪南和歌山海南東海南下津吉備吉備南湯浅広川川辺御坊御坊南印南みなべ
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
阪和自動車道ルート

阪和自動車道です。

大阪方面から高野山に行く途中で泉南ICで降りました。高野山、高野龍神スカイラインを通らなければ、そのまま高速に乗り続けて御坊の先まで行けますが、紀伊半島を楽しむなら下道の方が良さそうですね。

伊勢関jc芸濃久居一志嬉野松阪勢和多気玉城伊勢西伊勢
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
伊勢自動車道ルート

伊勢自動車道です。

伊勢関JCTから東名阪自動車道に乗り継ぎできます。

2003年には、視界がほどんどない暴風雨の中を走りました。

三木jc神戸西布施畑垂水淡路東浦北淡津名一宮洲本西淡三原淡路島南鳴門北鳴門
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
神戸淡路鳴門自動車道ルート

神戸淡路鳴門自動車道です。

名物はやっぱり「明石海峡大橋」。さすがに瀬戸大橋に比べると劣りますが、それでも綺麗な橋です。明石海峡大橋は、フェリーで下から眺めたこともありますが、非常に綺麗な橋でした。むしろ、上を走るよりも下から眺めた方が良い景色を見られます。

ちなみに、淡路島と鳴門を結ぶ大鳴門橋は、常に強風が吹いている為、バイクで渡る際には注意して下さい。路肩には、二輪車横転注意の看板も立っていますが、私も強風で隣の車線まで飛ばされそうになりました。

明石海峡大橋明石海峡大橋
今治今治北大島南大島北伯方島大三島生口島南生口島北因島南因島北向島西瀬戸尾道
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
西瀬戸自動車道ルート

西瀬戸自動車道です。

しまなみ海道の大島、大三島、生口島、因島、向島を橋で結んでいます。

当時は、大島と生口島の島内は高速道路が未開通だった為、橋を渡り終えると下道で反対側まで移動する必要がありました。現在は、全線が開通した為、途中で降りることなくしまなみ海道を走破できるそうです。

でも、各島で降りて島内を回った方が楽しいのですけどね。

来栖海峡大橋来栖海峡大橋
早島水島児島坂出北坂出
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
瀬戸中央自動車道ルート

瀬戸中央自動車道です。

これまで数多くの橋を走ってきましたが、この瀬戸大橋だけは別格です。海面からかなり高いところに橋が架かっているため、海の上を走る感覚があります。一度は走ってみる価値のある橋です。以前は通行料が高く手が出ませんでしたが、ETC割引の効果によりバイクでも気軽に渡ることができるようになりましたね。

ちなみに、寝台特急サンライズ瀬戸で橋を通過したことと、フェリーで夜の瀬戸大橋の下を通過したもあります。

瀬戸大橋瀬戸大橋
鳴門板野引田白鳥大内津田東津田寒川志度さぬき三木高松東高松中央高松檀紙高松西坂出jc坂出善通寺さぬき豊中大野原川之江jc
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
鳴門IC

高松自動車道です。

以前は高松市内の手前が未開通だったのですが、今は全線が開通しています。

高松からしまなみ海道へ行くときにショートカットで利用しました。川之江JCTとそのすぐ先の川之江東JCTで高松自動車道、松山自動車道、徳島自動車道、高知自動車道の4路線が交差しています。

川之江jc三島川之江土居新居浜いよ西条いよ小松jc川内松山伊予内子五十崎大洲南大洲大洲北只西予宇和
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
入野PA

松山自動車道です。

高松自動車道を使って走ってくると、川之江JCTで松山自動車道に入ります。いよ小松JCTから今治小松自動車道に入ると、しまなみ海道の手前まで走ることができます。

吹田jc中国吹田中国豊中中国池田宝塚西宮山口jc 西宮北神戸三田吉川jc吉川兵庫東条滝野社加西福崎山崎佐用jc佐用作東美作津山院庄落合jc落合北房jc北房新見東城庄原三次東jc三次高田千代田千代田jc広島北jc加計戸河内吉和六日市鹿野徳地山口湯田山口jc
小郡jc美祢東jc美祢美祢西小月下関◆中国道
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
中国自動車道ルート

中国自動車道です。

中国地方は何度も走っているのですが、ほとんど下道を利用するため、残念ながら中国自動車道はほとんど利用した機会がありません。

神戸jc神戸北三木jc三木東三木小野加古川北山陽姫路東山陽姫路西龍野龍野西播磨jc赤穂備前和気山陽岡山吉備岡山jc倉敷jc倉敷玉島鴨方笠岡福山東福山西尾道jc尾道三原久井本郷河内高屋西条志和広島東広島広島jc五日市宮島廿日市jc大野大竹大竹jc
大竹西岩国玖珂熊毛徳山東徳山西防府東防府西山口南山口jc
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
山陽自動車道ルート

山陽自動車道です。

山陽自動車道も中国自動車道と同じく、ほとんど乗る機会がありません。

◆中国道門司小倉東小倉南八幡若宮古賀福岡太宰府筑紫野鳥栖jc久留米広川八女南関菊水植木熊本益城熊本空港御船松橋八代八代jc人吉えびのえびのjc栗野横川溝辺鹿児島空港加治木姶良薩摩吉田鹿児島北鹿児島
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
関門橋

九州自動車道です。

九州を縦断している九州自動車道ですが、その約半分を走っています。

九州の玄関口側では、中国自動車道から関門橋を越えて九州に上陸できます。台風が接近している悪天候の中で橋の上を走ったら強烈な横風に煽られてたいへんでした。

熊本から以南では、九州自動車名物の連続トンネルがあります。えびのJCTから長崎自動車道に乗り継ぎできます。

えびのjc小林高原都城田野清武宮崎
走破
未走破
乗降したIC
乗降したJCT
小林IC

宮崎自動車道です。

えびのスカイラインに乗るために最初の小林ICで降りました。ただでさえ短い高速なのに、ほとんど走っていません。

Copyright (C) 2006-2017 KaK. ()

このページに掲載されている画像の転載は、再配布条件 をご参照ください。