2013/05/12 更新

スマホ向けのコンパクトスタイルで表示しています。

久しぶりに動物園に行ってみました。

多摩動物公園のレポートです。

多摩動物公園の入り口

平日の休み、今日は何をしようかな~、と考えていたら、ふと動物園に行きたくなったので、即決行してきました。

これまでにも、熊園、トナカイ牧場、キタキツネ牧場など、いろんなところに行くくらい動物は好きなのですが、ここ多摩動物公園に来るのは、30年ぶりです。

多摩動物公園マップ

多摩動物園は、↑のようにアジア園、アフリカ園、オーストラリア園、昆虫館の4つのエリアに分かれています。

では、順に見ていきましょう。まずは、アフリカ園から。

多摩動物公園のチーター

まずは、今日の1つ目の目的、チーターです

凛々しいな。

多摩動物公園のチーターの赤ちゃんファング

これが今年の1月に生まれたのチーターの赤ちゃん、ファングです。めっちゃ、かわいいです!

多摩動物園には、この子以外に、アネモネ、アスナロ、フェイ、サツキの計5頭の赤ちゃんチーターが公開されています。ただし、公開時間は11:30までなので朝から行きましょう。

多摩動物公園のユキヒョウ

これも多摩動物園の名物、ユキヒョウです。

2頭でじゃれ合っていました。

多摩動物公園のトラ

今日はそれほど暑くないせいか、普段は寝てばかりの猛獣類も元気でした。

多摩動物公園のライオンバス

平日でもGWの中日とあって団体客も結構いました。

ライオンバスも大人気。

多摩動物公園のオランウータンのスカイウォーク

もう一つの目的がコレ、オランウータンのスカイウォーク。

開始時間から20分ほど粘ったところで、無事に披露してくれました。

これ来園客の頭上を綱渡りしています。

多摩動物公園のカンガルー

一方、こっちはまるでやる気のないカンガルー。

寝相がおっさんの休日ですよ。

多摩動物公園のニホンザル

同じくやる気のないニホンザル。

あまりにもポピュラーすぎて人気も無いんですけどね。ツーリングしていても普通に遭遇するし。

多摩動物公園のケナガワラルー

これもカンガルー科の生き物ですが、ケナガワラルーです。

寝てばっかりのカンガルーと違い、こっちはサービス精神旺盛。ちゃんと目の前まで近づいてきてくれました。

多摩動物公園のムササビ

木の穴で寝ていたのは、ムササビです。

カメラのシャッター音で起こしてしまいました、スマン。

多摩動物公園のコアラ

コアラは暗い館内展示でもちろんフラッシュも禁止なので

これが限界でした。それでもしっかりとカメラ目線をくれました。

多摩動物公園のチンパンジー

動物園の生き物はみんなカメラ慣れしていますね。

狙っているのに気が付くと、ちゃんとこっちを見てくれます。

多摩動物公園のナベコウ(コウノトリ科)

いや、見過ぎ!

目が怖いって・・・。

多摩動物公園のエミュに睨まれた

だから怖いって・・・。

多摩動物公園のヒグマ

ヒグマは水浴び中でした。

ちなみに、熊が好きな人は 登別の熊牧場 がお勧めです。ココは熊好き必見です。

多摩動物公園のオランウータン

雑誌を見ながらにんまり。

何を見ているのかな、と思ったら女性ファッション誌でした(笑)

多摩動物公園のルリコンゴウインコ

しかし、動物園って楽しいですね。

一昔前の臭いだけの動物園とは違い、今は凄い綺麗です。旭山動物園の影響で、今はどこも展示が凝っています。

気が付いたら4時間も滞在していました。


Copyright (C) 2006-2017 KaK. ()

このページに掲載されている画像の転載は、再配布条件 をご参照ください。