2017/06/14 作成

スマホ向けのコンパクトスタイルで表示しています。

タイトルタイトル
FIMトライアル世界選手権 第2戦 日本グランプリ(ツインリンクもてぎ)のセクションマップ

今年のトライアルコースです。全13セクションで構成されており、前半の第1~6セクションが道沿いに、第 7セクション以降が森の中に設置されています。特定の選手を追って全セクションを回る人もいますが、混雑が予想されるので観戦ポイントを絞って回りたいと思います。

 

↓ のリンク画像をクリックすると、各セクションのレポートページに飛びます。

1日目


2日目


Day 1 Section 7

ツインリンクもてぎの森の中にある遊歩道

セクション6から先は、もてぎの森の中にコースが設置されています。遊歩道はハイキングのコースみたいですが、距離はそれほど遠くないため、気軽に回ることができます。

ヘビに注意の看板

遊歩道沿いにはこんな看板が「ヘビに注意」。

ツインリンクもてぎの森の中に設置されたセクション7の会場

セクション7は、森の中に開けた小さな沼の周りにコースが設置されています。

森の中のセクション間を移動するオフロードバイク

セクション間を移動する選手も森の中の坂道を昇り降りしてここまで走ってきます。

トライアル世界選手権のセクション7の全景

セクション7は、こんな感じで大きな岩が点在しています。ほぼ平地で斜度が少ないコースですが、最後だけ坂になっています。

岩と岩の間を通り抜けるフランチェスク・モレー(Francesc Moret)

TRIAL 2クラスのFrancesc Moretのトライです。岩と岩の間を縫って走ります。

フロントを持ち上げるエディ・カールソン(Eddie Karlsson)

Eddie Karlssonが豪快にフロントを持ち上げて岩を超えていきます。

岩と岩の間に挟まってスタックしたバイク

ちょっとしたミスで岩にハマると、こんな感じでスタックします。ここも難易度が高いセクションです。

ルート取りで相談しているJorge CasalesとJack Price

Jorge CasalesとJack Priceがルート取りで相談しています。こういうシーンもトライアル競技ならではの光景ですね。

大きな岩を乗り越えるTRIAL GPのルート

TRIAL GPクラスのマーカは、前半にこの大きな岩超えがあります。

バイクのフロントを持ち上げてウィリーするホルヘ・カサレス(Jorge Casales)

Jorge Casalesのトライです。この大きな岩も難なく超えていきます。さすがGPクラス。

ホルヘ・カサレス(Jorge Casales)

GPクラスの難関は、2つ目の岩超えです。ここで多くのライダーがストップしていました。

ジャック・プライス(Jack Price)

Jorge Casalesに続きJack Priceも2つ目の岩を超えられずストップ。アシスタントがフロントタイヤを押さえてバイクごと地面に落ちるのを回避しています。

豪快に岩を飛び越えるアレキサンドレ・フェラー(Alexandre Ferrer)

Alexandre Ferrerも1つ目の岩は豪快に超えていきましたが、2つ目の岩でストップ。

ミキュル・ジェレバート(Miquel Gelabert)

Miquel Gelabertも2つ目の岩でストップ。さすがのGPライダーもここを超えるのは厳しいか。

バイクを垂直に立てるアダム・ラガ(Adam Raga)

Adam Ragaもバイクを直立させてリアのトルク全開で岩をよじ登りますが失敗。

フランツ・カドレック(Franz Kadlec)

Franz Kadlecも丁寧に岩を超えていきますが、2つ目の岩を超えられずストップ。

藤波貴久(Takahisa Fujinami)

藤波貴久がセクション7に来ました。念入りにルートを下見しています。

ベノー・ビンカズ(Benoit Bincaz)

Benoit Bincazは、1番目の岩超えで思わぬミス。アシスタントがフロントフォークを押さえています。

ハイメ・ブスト(Jaime Busto)

慎重に行ったJaime_Bustoも2番目の岩は超えられませんでした。

岩に登ってコースの状態を確認するトニー・ボウ(Toni Bou)

王者Toni Bou登場。岩の上に登ってコースの状態を確認しています。

黒山健一(Kenichi Kuroyama)とアシスタント

黒山健一も2番目の岩でリアが横滑りしてバイクごと落下。GPクラスはアシスタントもたいへんです。

岩の上に乗る藤波貴久(Takahisa Fujinami)

藤波貴久のトライが始まりました。1番目の岩は難なくクリア。

岩を乗り越える藤波貴久(Takahisa Fujinami)

スルットルを開けて2番目の岩にアタック!!

岩を乗り越えた藤波貴久(Takahisa Fujinami)

超えた!!

 

足つき1回の減点 1ptで見事に超えました。

藤波貴久(Takahisa Fujinami)

残念ながら自分が観戦していたポジションからは良く見えなかったのですが、この先の岩から岩へ飛び移るところで藤波貴久はストップしました。←の写真の左上に赤いGPクラスのマーカが付いた岩が見えると思いますが、この岩へ飛び移ったところで失敗していました。

ウィリーで岩を超える王者トニー・ボウ(Toni Bou)

Toni Bouのトライです。1番目の岩も豪快なウィリーで超えていきます。

トニー・ボウ(Toni Bou)

2番目の岩も超えて、3番目の藤波貴久がスタックした岩もクリア。足つき1回の減点1でToni Bouがこのセクションをクリアした最初のGPライダーになりました。

ジェロニ・ファハルド(Jeroni Fajardo)

残るはToni Bouがクリアできなかったセクション3をクリアした2人。まずは、Jeroni Fajardのトライですが、残念ながら2番目の岩超えでストップ。

ジェームス・ダビル(James Dabill)

最後は、James Dabill。慎重に1番目の岩をクリア。

フロントフォークを掴んでバイクの落下を防ぐジェームス・ダビル(James Dabill)のアシスタント

しかし、2番目の岩越えで落下。James Dabillのアシスタントがフロントフォークを掴んでバイクの落下を防いでいます。

TRIAL GPクラスLEG 1のセクション7のリザルト

TRIAL GPクラスLEG 1のセクション7のリザルトです。結局、このセクション7をクリアできたGPライダーは、Toni Bouだけでした。

ツインリンクもてぎのトライアルセクションのマップ

雨によるコンディションの影響により、LEG 1は減点数が大幅に増えています。ここまでセクション2が平均4.90pt、セクション3が4.76pt、そしてここセクション7が4.81pt。セクション1~7のクリーンは、わずか13回という状況です。

 

一旦競技会場の外に出て昼食を取り、午後のLEG 2はコース後半のセクション14へ移動します。


このページに掲載しているコンテンツの無断転載は禁止です。詳細は、再配布条件 をご参照ください。Copyright (C) 2006-2017 KaK. ()