2014/10/19 作成

スマホ向けのコンパクトスタイルで表示しています。

タイトルタイトル

 2014年10月11日~12日に茨城県の自動車安全運転センターで開催された第45回全国白バイ安全運転競技大会のレポートです。この大会では、バランス走行操縦競技、トライアル走行操縦競技、不整地走行操縦競技、傾斜走行操縦競技の 4種目が実施されています。

 下の画像をクリックすると各競技のページへジャンプします。

トライアル走行操縦競技のコース(競技開始前)

1日目の午後は、「トライアル走行操縦競技」です。

午前中のバランス走行とは反対側の池の周りを回るコースへ来ました。

拡大表示

トライアル走行操縦競技のコース(競技開始前)

トライアルのコースは、全体が 6つのセクションに分かれています。

見所はやっぱり、この斜面に設けられた第3~4セクションです。坂の上にも大勢の見物客が集まっています。コース内の報道陣の数も多いですね。

拡大表示

トライアル走行操縦競技の第2セクション(タイヤコース)

競技が始まりました。

ここは第2セクション、地面に大きなタイヤが多数埋められています。難易度的には比較的やさしい部類のため、どの隊員も華麗にクリアしていきます。と言っても、クリーン(減点ゼロ)でクリアするにはそれなりに難しそうです。

 

 

拡大表示


拡大表示

拡大表示

トライアル走行操縦競技の第2セクション(タイヤコース)トライアル走行操縦競技の第2セクション(タイヤコース)
トライアル走行操縦競技の第2セクションの土管超え

第2セクションの最後には大きな土管が待ち構えています。

フロントを持ち上げていっきに乗り越えていきますが、さすがにここでは接地で減点される隊員もそれなりにいました。

 

 

拡大表示


拡大表示

拡大表示

トライアル走行操縦競技の第2セクションの土管超えトライアル走行操縦競技の第2セクションの土管超え
トライアル走行操縦競技の第3セクションの急斜面

いよいよ第3セクションです。

斜面に埋められた障害物を乗り越えながら上へ上へと上っていきます。

 

 

拡大表示


拡大表示

拡大表示

トライアル走行操縦競技の第3セクションの急斜面トライアル走行操縦競技の第3セクションの急斜面
トライアル走行操縦競技の第3セクションの急斜面

この第3セクションは、クリーンでクリアするのが難しそうです。

ちょっとしたミスも見逃さず、審判の指が上がります。

拡大表示

トライアル走行操縦競技の第3セクションの段差

フロントを大きく持ち上げて段差をいっきに乗り越えていきます。

鮮やかにクリアする姿は見ていても気持ちがよいです。

拡大表示

トライアル走行操縦競技の第3セクションの最後の難関

第3セクション最後の難関、角度のある段差を超えます。

拡大表示

トライアル走行操縦競技の第3セクションの最後の難関

← を見ていると隊員の体が完全に後ろへ反っていますね。

バイクもほとんど直立状態です。この体勢からよく乗り越えられるな~。

拡大表示

第3セクションクリア後、坂の頂上

各セクションをクリアすると審判員が採点表に減点数を記入します。

ほっとするまもなく坂を下りると、続いて第4セクションに入ります。

拡大表示

トライアル走行操縦競技の第4セクション

いよいよ第4セクション、難易度の高いコースです。

坂の下から上って下ってを繰り返して最後に坂の一番上まで上ります。

拡大表示

第4セクションの難所、タイヤ越え

第4セクションの最大の難所がコレ。

坂の一番上にタイヤが埋められています。これを普通に超えるだけなら第2セクションと同じなのですが、いやらしいことにこれが坂を上った直後に90度曲がった場所に設置されています。つまり普通には正面から超えることができません。ほとんどスペースが無い状態で右へ曲がって且つタイヤを乗り越える必要があります。

拡大表示

トライアル走行操縦競技の第4セクションでの転倒

ほとんどの隊員がここで減点されていました。

足つき減点だけならまだマシな方です。転倒者も多数。なんとか転倒を免れてもここでタイムアウトになる隊員もたくさんいます。

 

 

拡大表示


拡大表示

拡大表示

トライアル走行操縦競技の第4セクションでの転倒第4セクションの難所、タイヤ越え
第4セクションの難所、タイヤ越え

反対にこの難所をクリーンでクリアすると、周囲の観客からいっせいに歓声と拍手が巻き起こります。

残念ながら写真が残っていませんが、千葉県の選手がもの凄い華麗にこの難所をクリアしていきました。

拡大表示

メモリカード

残念ながら、今回のツーリング中にメモリカードを1枚紛失してしまいました・・・。

今回のツーリングでは、2GB×4枚、4GB×2枚で計16GBのメモリカードを使ったのですが、そのうちの 1枚、←の写真と同じ 2GBのメモリカードが帰宅後に見つかりませんでした。

と言う事で、残念ながらここから先の第4~6セクションと逆サイドから撮影した第3セクションの写真が残っていません。紛失したのが 2GBのメモリカードだったのがせめてもの救いかな・・・。

トライアル走行操縦競技の結果

トライアル走行操縦競技の結果です。

埼玉県の木村隊員が1000点パーフェクトで 1位でした。バランス走行で 2位だった千葉県の長谷川隊員が 5位、バランス走行で14位だった千葉県の長谷川隊員が 2位と上位に食い込んできました。

拡大表示


このページに掲載しているコンテンツの無断転載は禁止です。詳細は、再配布条件 をご参照ください。Copyright (C) 2006-2017 KaK. ()