スマホ向けのコンパクトスタイルで表示しています。

2008/05/17 作成、2020/07/15 更新

タイトルタイトル

UFOキャッチャー

1990年代前半のUFOキャッチャーの景品によく使われていた、可愛いウサギのぬいぐるみ

1990年代前半のUFOキャッチャーの景品によく使われていた、可愛い系のぬいぐるみの話です。当時のゲームセンターは、UFOキャッチャーが流行しており、様々な種類の動物ぬいぐるみが置いてありました。特に、レッサーパンダやウサギは、種類も多く可愛いぬいぐるみがありました。大学の帰り道に大量にゲットして部屋に山積みされたぬいぐるみの写真が今でも残っていたのでスキャンしてみました。

このページに掲載している画像は、ネガフィルムからスキャンしたため、画質が悪いです。

山積みの戦利品(ぬいぐるみ)

部屋に山積みされたUFOキャッチャーの景品の大量のぬいぐるみ(うさぎ、レッサーパンダなど)

UFOキャッチャー最盛期の私の部屋は、こんな感じでぬいぐるみが山積み状態でした。いや~、馬鹿ですね(笑)

学校の帰り道にゲーセンがたくさんあったのが原因なのですが、いつも家に帰る時には背負ったデイバックがぬいぐるみで埋め尽くされていました。UFOキャッチャーの景品にはいろいろな種類がありますが、私が集めていたのはふわふわ系の動物一択でした。

ぬいぐるみ紹介

部屋に山積みされたレッサーパンダのぬいぐるみ

これが、私がUFOキャッチャーにハマるきっかけになったレッサーパンダのぬいぐるみです。比較的に大きいサイズのぬいぐるみなのですが、これが意外に取りやすい! 両手をあげたポーズをしているので、ここにアームが入ればかなり高い確率で取れました。特にコツなんていりませんでした。

店側もかなり頻繁に筐体の中を配置換えする店員さんが居たので、30分おきぐらいにチェックしているとかなり美味しい配置に巡り会えることがありました。取れたときの満足感に浸る為に何度もプレーしているうちに、気がついたら30個以上集めていました。しかし、置き場所に困ることに・・・。茶色、薄茶色、こげ茶色、白色の計4種類のレッサーパンダがありましたが、白色はレアでした。

うさぎのぬいぐるみ

残念、綺麗な写真が残っていませんでした。

このうさぎは大小2種類があるのですが、後ろ側に写っているのが大です。これが結構な大きさで、普通のプライズ2個分ぐらいのサイズでした。出来もかなり良いぬいぐるみなのですが、肝心の置いてある店が少なく、数は集まりませんでした。

UFOキャッチャーの食べ物抱えているシリーズのぬいぐるみシリーズ

シリーズものぬいぐるみも危険ですね、ついつい全部集めたくなります。

これもぬいぐるみの造りは平凡なのですが、つい集めてしまった食べ物抱えているシリーズです。続編が出るかと思いきや、意外と続かず、6種類止まりでした。

UFOキャッチャー(クレーンゲーム)のぬいぐるみ(うさぎと犬)

単品で出来が良いぬいぐるみもたくさんありました。しかし、そういうものに限って取るのが難しかったり、短期間で店頭から消えたりするのですが・・・。

UFOキャッチャーのぬいぐるみが山積みになった部屋

UFOキャッチャーは、ハマると怖いです。遊ぶならほどほどに、とは言っても、あの取れたときの快感が・・・。

さすがに今はもう足を洗いましたよ。当時の部屋の片隅に山積みされていたぬいぐるみも、今はもう1つも残っていません。そもそも、ゲーセンに行かなくなりました。


Copyright © 2006-2020 KaK.

このページに掲載されている画像の転載は、再配布条件 をご参照ください。