スマホ向けのコンパクトスタイルで表示しています。

2019/05/01 作成

タイトルタイトル

疲労断線したコードの修理 (MDR-CD900ST)

コードが疲労断線したSONY製ヘッドフォン MDR-CD900ST

長年使用しているヘッドフォンMDR-CD900STですが、度々音が途切れるようになりました。ブッシングとコードの接続部分は、疲労断線しやすいですね。このMDR-CD900STは 3台目で、買い換えても良い時期なのですが、修理してもう少し使います。

イヤーパッドを取り外して腐食したウレタンリングとレジスタが見える状態のSONY製ヘッドフォン MDR-CD900ST

イヤーパッドを取り外しました。ウレタンリングとレジスタが腐食しています。ウレタンリングとレジスタは、どちらも 1個 110円なので、次にパーツ購入する際に新しいものに交換します。

ハウジングからドライバーユニットとミクロングラスを取り外した状態のSONY製ヘッドフォン MDR-CD900ST

ハウジングからドライバーユニットとミクロングラスを取り外しました。ここもかなり経年劣化しています。新品に交換したいところですが、もう少し使えるかな?

疲労断線したコード部分を裂いた状態のSONY製ヘッドフォン MDR-CD900ST

疲労断線したコード部分を裂きました。断線部分を取り除いて再結線しても良いのですが、トラブルが再発する可能性が高いため、本体側のコードは全て破棄します。MDR-CD900STは、もともとケーブルが2.5mと長いので少しぐらい短くなっても問題ありません。

ドライバーユニットにコードをはんだ付けして修理したSONY製ヘッドフォン MDR-CD900ST

ドライバーユニットにコードをはんだ付けしました。接点同士がかなり離れているので、簡単に修理できます。修理しやすいのがMDR-CD900STの良いところです。

音切れの修理が完了したSONY製ヘッドフォン MDR-CD900ST

再組み立てして修理完了。当面は、これで使えそうです。4台目を買うのは、しばらく先になるかな?

 

Copyright © 2006-2020 KaK.

このページに掲載されている画像の転載は、再配布条件 をご参照ください。