スマホ向けのコンパクトスタイルで表示しています。


1.工場の基礎

A列車で行こう9の工場

まずは、工場の基礎について整理します。

工場は、1営業日につき 22個の資材を生産します。一週間( 5営業日)で22×5=110個です。工場(大)の敷地には、128個の資材が置けるため、
一週間放置しても倉庫は満杯になりません。

A列車で行こう9の工場(大)の損益

工場の損益は、資材 1個につき、
  200,000-80,000=120,000円
一週間で
  110個×120,000円=13,200,000円
になります。ただし、実際にはこれに工場の運用経費が加わるため、会社経営にほとんど影響しないほど
工場の利益は薄利 です。

 

一方、資材の積み下ろしに使用した貨物列車は、資材 1個につき、300,000-200,000=100,000円、一週間で110個×100,000円=1,100万円になります。一見するとかなりの利益が出そうに見えますが、実際には自分の街で消費できる資材には限度があり、資材で稼ぐのはかなり難しいです。

A列車で行こう9の工場(大)と貨物列車の損益

そこで、上手く利用できるのが、貨物列車を使用して
隣町に資材を売る 方法です。

 

隣町(マップ外)に運んで資材を売って場合の利益は、
  450,000円-200,000円=250,000円
一週間で
  110個×250,000円=2,750万円
になります(別途、貨物列車の輸送経費を要しますが、資材の売買利益に比べると桁が少ないため、ここでは無視します)。


2.実践編

A列車で行こう9の工場地帯

1つ前のページに記載した、初級マップ攻略編「ひしめきあう街」で実際に建築した工場地帯について触れます。

1つの駅に工場(大)×12個、これが私の基本構成です。工場の数を増やしても良いのですが、駅周辺に発展する余地を残すために、あえて数を抑えています。

 

仮に、生産した資材を全て売却すると、一週間で
  2,750万円×12ヶ所=3.3億円
1年間で1,204億円の収益になります。

 

この収益は、リニア新幹線の収益に比べれば少ないものの、A列車で行こう9の攻略では重要です。特に「株なしルール」でプレーしている場合、リニア新幹線が開通するまでの序盤戦の資金稼ぎにおいて、とても有効な手段です。

A列車で行こう9 Master Edition(version4.0)でゲームクリア(資金10兆円到達)直前の発展中の街のマップと工場地帯の位置

これがクリア直前の「ひしめきあう街」のマップです。赤丸で記した 7ヶ所に工場地帯を設置しています。余剰資材を隣町に売るために、全てマップの端に位置しています。

 

単純計算すると、1,204億円× 7ヶ所=8,428億円/年ですが、実際には街中での資材消費量が多いため、これだけの利益は上がりません。

A列車で行こう9で1つの駅に2編成の貨物列車を配置した状態

株ありルールでプレーする場合は、資金を十分に確保できるため、1つの駅に2つの貨物列車を配置しています。1つは建築用の資材を街中に運搬する編成、もう1つは隣町に売却する資材を運搬する編成です。売却用編成は、金曜日のみ運行しますが、余剰資材の量により土日に臨時運行します。

このように編成を配置すると、余剰資材にあわせた臨時列車の運行管理が楽になります。
日曜日には、工場の敷地が空になること
を徹底します。これで工場をフル稼働させることができます。

A列車で行こう9で貨物列車による資材売却の収益(画像は、DD51重連の貨物列車)

貨物列車による資材売却の収益は、都市が発展していない初期段階では非常に有効です。資金繰りを安定させるためにも、貨物列車を有効に活用したいところです。


3.余談

A列車で行こう9で工場と貨物列車のみで発展させた街

余談ですが、A列車で行こう9は、工場と貨物列車による資材の入出荷(積み下ろし)だけでも、ある程度は街が発展します。もちろん、資材より客車で乗降客を増やした方が街は発展しますが、ご参考まで。


このホームページに掲載しているコンテンツの無断転載は禁止です。
Copyright © 2006-2018 KaK.
Copyright (C) 1985-2018 ARTDINK