2010/05/03 更新

スマホ向けのコンパクトスタイルで表示しています。

タイトル
タイトル
 

地図
タイトル
出発!!

2010年ゴールデンウィークです。

去年は 9泊10日で九州~中国~四国地方を走り抜けましたが、今年はこの後に初夏の北海道ツーリングが控えている為、短めに 2泊 3日で上州・信州を走ってみたいと思います。

4:30起きで準備を整え、6:10出発!!

関越高坂SA

まずは、圏央道を北上して鶴ヶ島ICへ、そこから関越道に乗り換えてさらに北へ。

高坂SAで一休み。GW初日の関越の渋滞予測は、7時台が 8km、8時台が 15km。高坂SAの手前で若干混雑してはいましたが、たいした渋滞ではありませんでした。このまま渋滞が始まる前に混雑ポイントの花園ICを走り抜けたいと思います。

最初の目的地は、群馬県の「安中」です。

目的は、もちろんSL碓氷号ことD51-498号機です。

 

群馬八幡駅~安中駅間

群馬八幡駅~安中駅間です。この駅間の有名な撮影ポイントは 2カ所。

信越本線の上を安中バイパス(国道18号線)が越える橋の上は、既に大勢の鉄っちゃんで賑わっていた為、八幡側のストレートにきてみました。

←の写真だと判りづらいですが、10時前ぐらいから結構な雨が降り出して、一時県道下のトンネルで雨宿りしていました。

運良く10:30頃から小降りになり、通過時刻の直前に雨があがってくれました。

SL碓氷号(D51498)

高崎駅から横川駅へ信越本線を走るSL碓氷号です。やっぱり良いな~。

実は、D51-498号機を見るのはこれが初めてだったりします。季節限定列車なのでちょうどロングツーリング時期と重なっていたり、仕事が忙しかったり、やっと行けそうだと思ったらボイラー破損で運行中止になったり・・・・・と、これまで見に行くチャンスがありませんでした。

四軸のSLを見るのもこれが初めてです。これまで見てきたC57、C58、8620は、全部三軸ですが、D51の「D」が付く通り四軸です。C57に比べると動輪がやや小さいですが、その分スマートに見えますね。

EF60-19号機

信越本線は、横川駅に転車台が無い為、最後尾に電気機関車が連結されています。

今日は、EF60-19号機でした。碓氷号の場合は、通常はEF60かEF65ですが、見慣れているEF65よりEF60の方が良いですね。

煙が・・・。

横川駅入線

安中からいっきに、国道18号線を西へ走り碓氷号を追い越して先回りします。

途中でもう一度走行中のD51を見るかどうか迷ったのですが、今回は終点の横川駅で入線待ちすることにしました。

10:45、定刻より約 3分遅れでSL碓氷号が入線してきました。

D51-498号機

ホーム中央にさしかかったところで、いっきにドレインを切ります。

豪快な蒸気の排出が見ていて気持ちよいですね。

やっぱりこの迫力がSLの魅力です。

SL碓氷号(D51-498号機)
D51-498号機D51-498号機
D51-498号機D51-498号機
D51-498号機快速SL碓氷号
横川駅ホームEL碓氷号(EF60-19号機)
D51-498号機

ちなみに、この日が改造後のD51初走行日でした。

5月末と6月頭に「SLやまなし号」として甲府~小渕沢間の中央本線を走行する為に、煙突に集煙装置が取り付けられ、デフレクター(除煙板)も大型のものに付け替えられています。

水平方向にすらっと伸びた感じで、かっこいいですね。個人的にはこのスタイルの方が好きです。

SL集合

C57-1号機(山口号)C57-180号機(磐越号)、D51-498号機(碓氷号)、C58-636号機(パレオエクスプレス)8620形 58564号機(人吉号)、とこれで見たかった現役営業運行しているSLを全て見ることができました。他にも大井川鉄道のようにC11やC56のような小型のSLを運転している営業区間はありますが、やっぱりこの5両の中型/大型SLを全て見てみたい、と言う思いがありました。

昨年のD51-498号機のボイラー破損といい、このSL達もいつまで現役で走っていられるかは判らないので、今のうちにたくさん見ておきたいですね。

一方で、2011年春にJR東日本がC61-20号機を復活するという嬉しいニュースもあります。これも楽しみです!

峠の釜飯(横川駅)

横川駅と言えば、お約束は「峠の釜飯」。

ここで釜飯を食べるのは、これで3回目です。

いつ来ても変わらない味ですね。シンプルな駅弁なのですが美味しいと思うのは、やっぱりここ横川駅で食べているからだと思います。

最近はスーパーやデパートの地下食品街で駅弁祭りや地方物産展を開催していますが、地方の名物はできればその御当地で食べたいですね。

碓氷峠鉄道文化むら

横川駅の西側には「碓氷峠鉄道文化むら」がありますが、ここは以前にも一度訪れているので今回はパスします。

いずれEF63を運転するために、もう一度ここを訪れたいと思います。
(と、ずいぶん前からずっと考えているのですが、なかなか実現せず・・・)

気温26℃

それにしても暑いな~

と思ったら気温26℃でした。すっかり夏の陽気ですね。

今回のツーリングは、冬用ライジャケを着てきた為、既に汗だくになっています。GWツーリングは上着の選択が難しいですね。

眼鏡橋(碓氷第3橋梁)

横川から先の軽井沢方面は、国道18号線が新道(碓氷バイパス)と旧道の二手に分かれています。旧道を選ぶと、横川から 2kmほど走れば眼鏡橋こと「碓氷第3橋梁」にたどり着けます。

歴史を感じる煉瓦造りの橋梁です。ここも2回目ですが、もう一度歩いて見たいと思います。

眼鏡橋(碓氷第3橋梁)眼鏡橋(碓氷第3橋梁)
碓氷第五隧道

眼鏡橋から横川駅方面へと続く「碓氷第五隧道」です。

ここからずっと歩いて通り抜けることができます。

このトンネルも雰囲気が良いですね。時代を感じさせる作りです。

碓氷第五隧道

トンネルの中は経年劣化でコンクリートが剥がれ落ち、煉瓦がむき出しになっていました。

旧道碓氷峠(国道18号線)

旧道の碓氷峠は、ライダーにとって楽しいワインディングロードです。

以前は路面に暴走防止の段差があったと記憶しているのですが、あれは新道の勘違いだったのかな? 今回は旧道に段差がありませんでした。

カーブは全てナンバーリングされていて、横川側の入り口から碓氷峠まで計184ヶ所のカーブが連なっています。全面二車線なので前走車がいなければ気持ちよく走れますが、路面がかなり荒れている場所があるので要注意です。

碓氷峠の頂上が県境になっていて、ここから先は長野県 軽井沢です。

旧道碓氷峠(国道18号線)旧道碓氷峠(国道18号線)
EF63-2号機(軽井沢駅)

軽井沢駅の構内にEF63-2号機が留置されていました。

以前に横川駅の構内で雨ざらしにされていた錆びだらけにEF63に比べると、こっちはかなり綺麗な状態で保存されていました。EF63は他区間に転用できないのが残念ですね。

浅間山

軽井沢を過ぎると遠くに浅間山が見えてきました。

頂上付近は、まだ白く冠雪しています。

それにしても今日は天気が良いな~。安中の雨が嘘のような晴天です。

長野県に入ったところ、まだ少し時間があるので南へ行ってみます。

小諸から県道40号線を使い「蓼科牧場」を目指します。

長野県道40号線

長野県道40号線は、道の両側に白樺が生い茂る絶好のツーリングルートなのですが、まだ時期が早すぎました。

さすがに4月末では緑どころか、ただ荒涼とした林が続いています。それでもここは走っていて気持ちが良いです。

蓼科牧場

30kmほど走って蓼科牧場まで来ました。

が、寒い!!

上着は、4枚重ね着+ライジャケでちょうど良いくらいです。

前方には蓼科山、東側の丘の先には佐久市の街並みが見えます。ここは夜に来たら夜景が綺麗に見えそうな高原です。

蓼科牧場蓼科牧場
枝垂れ桜

市内へ戻る途中で見事な枝垂れ桜がありました。

残念ながら少し散っていますが、なかなか綺麗な桜ですね。

信州の桜

長野県内を走っていたら、いたるところで満開の桜を見かけました。

この辺りは時期的に今が桜のピークなんですね。私が住んでる都内では、4月の一週目が満開だったので、ちょうど1ヶ月遅れです。今年は時期をずらして二度も満開の桜を見ることができたので、ちょっと得した気分です。

ちなみに私が今住んでいる近所の桜は こんな感じ でした。

信州の桜信州の桜
国道152号線

国道まで戻ってきたところでタイムアップ。

今日はこのまま上田まで走って、上田温泉で宿泊します。

1日目は、17:30で終了。

道ばたには桜だけではなく菜の花も咲いていました。

春ですね~。


Copyright (C) 2006-2017 KaK. ()

このページに掲載されている画像の転載は、再配布条件 をご参照ください。