2014/10/19 作成

スマホ向けのコンパクトスタイルで表示しています。

タイトルタイトル

 2014年10月11日~12日に茨城県の自動車安全運転センターで開催された第45回全国白バイ安全運転競技大会のレポートです。この大会では、バランス走行操縦競技、トライアル走行操縦競技、不整地走行操縦競技、傾斜走行操縦競技の 4種目が実施されています。

 下の画像をクリックすると各競技のページへジャンプします。

第45回全国白バイ安全運転競技大会の駐車場(バイク駐輪場)

茨城県の自動車安全運転センターです。今日から 2日間、ここで白バイの全国大会が開催されます。

モーターサイクルショーに比べれば、はるかに少ないですが、それでもバイク駐輪場には関東近県のライダー達が集結しています。

拡大表示

第45回全国白バイ安全運転競技大会の開会式

第45回全国白バイ安全運転競技大会の開会式が始まりました。

全国の白バイ隊員がずらーっと整列している姿は圧巻です。

拡大表示

第45回全国白バイ安全運転競技大会の開会式

隊員が着けているゼッケンの下に都道府県名が書かれています。

各都道府県を代表するエース隊員達です。これから個人戦と団体戦でライディングテクニックを競います。ちなみに各県の代表だけではなく、皇宮警察も参加しています。

拡大表示

女性白バイ隊員

もちろん、全国の女性白バイ隊員も参加しています。

関東近県のライダーなら、クイーンスターズ、ホワイトエンジェルス、ホワイトレディース、SKIP等のイベントデモ走行でもお馴染みですね。

拡大表示

交通機動隊の先導車

開幕式の最後は、隊列走行です。

まずは、交通機動隊の車両が先導します。

拡大表示

白バイの隊列走行

白バイの隊列走行です。

これも競技会ならではの光景ですね。

拡大表示

HONDA NC750Sの教習車

全隊員が乗車するにはVFRだけでは数が足りないので、普通の教習車も使われています。教習車と言えばCBRが主流でしたが、現在はNC750Sも使われています。奥は、トライアルで使用するXRですね。

拡大表示

全国白バイ安全運転競技大会の観客

観客は、警察関係者が多いのですが、一般の人もたくさんいます。

それでも、他のイベントに比べれば観客は少ないので、見る場所さえ選ばなければ、競技開始前から場所取りしないといけないほどの混雑ではありません。家族連れの親子も多く、比較的にアットホームな雰囲気で賑わっています。

拡大表示

安全運転センターの教習車

安全運転中央研修所は、もちろん教習車がたくさん置いてあります。

でもやっぱりそこは警察。これだけの台数が整然と並んでいると壮観です。

拡大表示

安全運転中央研修所の構内パトカー

安全運転中央研修所の構内パトカーです。

ナンバーはありません。そこらじゅうにパトカーが走っています。

拡大表示

HARLEY-DAVIDSONの白バイ

会場の入り口には、HARLEY-DAVIDSONの白バイが展示されていました。

モーターサイクルショーと同じく、子供達に大人気でした。親子連れの人達は、盛んに写真撮影していました。

拡大表示

全国白バイ安全運転競技大会の会場案内図

各競技の模様は、一番上のメニュー へ戻って画像をクリックして下さい。

↓のリンクからもジャンプできます。

・バランス走行操縦競技

・トライアル走行操縦競技

・不整地走行操縦競技

・傾斜走行操縦競技

拡大表示


このページに掲載しているコンテンツの無断転載は禁止です。詳細は、再配布条件 をご参照ください。Copyright (C) 2006-2017 KaK. ()