2009/12/14 作成、2012/07/08 更新

スマホ向けのコンパクトスタイルで表示しています。

タイトルタイトル
背景画像
タイトル
プリキュアパワーアップ

今回の曲は「プリキュアパワーアップ」です。初代ふたりはプリキュア第30話「炸裂!プリキュアレインボーストーム」から登場する必殺技プリキュア・レインボー・ストームのBGMで、軽快なシャッフル曲です。

この曲のタイトル通り、レインボーストームは半端無い威力ですが・・・。

この曲は、8ビートシャッフル 8ビートシャッフル でTAB譜面を書いています。

例えば、譜面上の

シャッフルの説明画像 1

を実際に弾くときは、

シャッフルの説明画像 2

になります。

 

プリキュアパワーアップのTAB譜面 1枚目

まず、Aメロですが下段のギターはシャッフルらしいシンプルな表打ちで、裏はミュートで書いています。

メロディラインのコードには乗らず、ベースに合わせてオールCです。これなら簡単ですね。

 

プリキュアパワーアップのTAB譜面 2枚目

さて、この曲のメインであるBメロです。アニメ本編ではポルンの光の力でカードが出てくる辺りですね。キーはここで Cから A♭に転調します。

ここもポップスでよくあるコード進行ですが、最後の 4小節目がマイナーではなくメジャーコードになっています。よくあるパターンだと最後がF7じゃなくてFm7ですね。

下段のギターは、2小節目のE♭7/D♭だけパワーコードを元にA♭をB♭に代えただけです。シンプルですがこれでも十分だと思います。

中段がストリングの駆け上がりですが、あえてTAB譜面で書いてみました。全く音を飛ばさないオーソドックスな駆け上がりなので、ピアノやキーボードなら簡単です。↑のタブの通り、ギターで弾いてもポジション移動がほとんど無いシンプルな駆け上がりになります。

 

プリキュアパワーアップのTAB譜面 3枚目

27小節目以降ですが、キーがB♭に転調してコードにE♭が出てくる為、1オクターブ上げて見ました。違和感があれば、1オクターブ下げてE♭を x-1-1(4~5弦のみ)で弾いても良いと思います。オクターブ下げずにパワーコードで弾くなら、3~5弦で 6-8-8、8-10-10、9-11-11、10-12-12 です。

 

キュアブラック(美墨なぎさ)

【余談】

プリキュア・レインボー・ストームの初攻撃も、なぎさの予想通りの展開でした。

まぁ、お約束ってことで。

 


HUGっと!プリキュアより、キュアエール(野乃はな)、キュアアンジュ(薬師寺さあや)、キュアエトワール(輝木ほまれ)、はぐたんと妖精ハリハム・ハリー
  1. We can!! HUGっと!プリキュア
  2. HUGっと!未来☆ドリーマー
  3. ミライクリスタル・ハートキラっと!



「プリキュアパワーアップ」は、2枚目のサントラ「プリキュア・サウンド・セラピー!!」に収録されています。

この曲は、iTunes Storeからダウンロード購入することもできます。


このホームページに掲載しているコンテンツの無断転載は禁止です。

Copyright © 2006-2018 KaK.

Copyright (C) 2004-2018 ABC・東映アニメーション


背景画像