2012/11/25 更新

スマホ向けのコンパクトスタイルで表示しています。

タイトルタイトル
背景画像
タイトル
不幸のメロディ

この譜面データは、Silverlight専用の為、現時点では表示できません。
近日中にJavascript版に対応させます。(2016/04/17)

今回の曲は、スイートプリキュア♪からの「不幸のメロディ」です。

このページを見ている方ならご存知だとは思いますが、この曲は「幸福のメロディ」と対になっています。幸福のメロディはキーがCメジャーですが、不幸のメロディはCマイナーです。この辺りは、いかにも音楽をテーマにしたスイートプリキュらしいですね。余談ですが、対になっている曲と言えば、ハートキャッチプリキュアのピンクフォルテウェイブとブルーフォルテウェイブもそうでした。

 

【スコアについて】

「不幸のメロディ」は、元々Score Viewerの隠し譜面として初期の頃からアップしていた曲です。スイプリ放送終了からもうすぐ1年経つ為、伝説の楽譜ギミックを経由しなくても直接表示できるように変更しました。ただし、この曲はSilverlightの機能を使用して表示する都合上、スマホ用のLite版のセレクト画面では、この曲は出てきません。(伝説の楽譜ギミックの方は近いうちに内容を変更します)

この曲だけは、↑の[スコア表示]ボタンをクリックすると、スコア画面ではなくセレクト画面が表示されるので、そのまま曲を選択して下さい。

 

「不幸のメロディ」の楽譜、その1

アニメ本編に登場する伝説の楽譜と同じように2段で書きました。伝説の楽譜とは、多少表記が異なるところもありますがご容赦下さい。この楽譜は、ギミックの都合上、フルスコアではなく、26小節で終わっています。伝説の楽譜には書かれていませんが、コード名を追加しています。

Aメロ出だしのフレーズは、幸福のメロディと全く同じです。キーがメジャーかマイナーの違いぐらいですね。これだけ似ていると二つの曲を交互に弾いてもほとんど違和感がありません。

 

「不幸のメロディ」の楽譜、その2

幸福のメロディとは違って、不幸のメロディはAメロがリピートしています。↑の19小節目以降は、幸福のメロディとは対比しなくなります。ここは上段を伝説の楽譜通りに書きましたが、実際にはAメロでメロディを歌っていたボーカルパートが別にあります。

キュアビート(黒川エレン)とハミィ、第21話よりキュアビートの初変身シーン

【余談】

 結局、不幸のメロディを歌うことができなかったセイレーン。スイプリ前半ラストの第21~22話のキュアビート誕生までの展開は、見応えがありました。

 そして、響と奏と同じように仲直りができたハミィとエレン。音楽だけではなく、これもスイプリの大きなテーマのひとつでしたね。どうせなら、もっとハミィとセイレーンの過去について語る回があっても良かったのに。

 

キュアビートの鮮やかなブルーは、メロディとリズムの中に入るとより栄えますね。




背景画像
タイトル
幸福のメロディ

今回の曲は、スイートプリキュア♪からの「幸福(しあわせ)のメロディ」です。え~と逆さまにお伝えしています(笑)

もうお気づきだとは思いますが、幸福のメロディと不幸のメロディは対になっている曲なので、このような趣向でお届けしています。

ところで、ちゃんと逆さまに表示できていますか? IE、Firefox、Google Chrome、Safariの各最新バージョンで動作確認しているため、多分大丈夫だと思いますが・・・。携帯ブラウザでは試していないので、そこだけがちょっと気がかりです。

 

「幸福(しあわせ)のメロディ」の楽譜、その1

ここでは、正位置の時と同じことを書いても面白くないので、別の話題を書いてみます。

冒頭にも書いた通り、この楽譜は元々隠し譜面でした。ここにアップロードされているプリキュアのスコアをいろいろと見ていただけ方の中には気が付いて頂けた方もいらしゃったのですが、正直に言ってやっぱり伝説の楽譜まで辿り着けた方は少なかったです。

 

「幸福(しあわせ)のメロディ」の楽譜、その2

Score Viewerのセレクト画面を見られた方は、すぐに気が付かれた思いますが、スイートプリキュアの一番最後にタイトルが表示されていない曲があります(灰色の楽譜が表示される場所です)。あれが伝説の楽譜への入り口です。開け方は簡単です。スマイルプリキュアのアレと同じですよ(笑)

ここまでは簡単なのですが、その後の音符集めがちょっと難しすぎたようです・・・・・・失敗しました。近いうちにプリキュア編のギミックは、伝説の楽譜だけではなく全て大幅に修正しようと考えています。

 

ハミィとフェアリートーン(ファリー)

【余談】

さすが「天然ボケの子猫ちゃん」、と呼ばれるだけのことはありますね。

ハミィのボケっぷりにはフェアリートーンもあきれ顔になることも。

 

やっぱりハミィの声は良いですね。さすが三石琴乃さん! アフロディテも日高のり子さんだし、スイプリはキャストが豪華でした。前作のハトプリで久川綾さんがキュアムーンライトを演じられていたのは、いろいろと作為的な・・・・・(笑)




背景画像
背景画像