2014/02/16 更新

スマホ向けのコンパクトスタイルで表示しています。

タイトルタイトル
背景画像
タイトル
ドキドキ!プリキュアのエンディングテーマ「ジコチューのたくらみ」の楽譜

ドキドキ!プリキュアから「ジコチューのたくらみ」です。

その名の通り、イーラ、マーモ、ベールのジコチュートリオが登場するシーンで流れているBGMです。特にジコチュートリオのアジトになっている廃墟ボウリング場の場面に合っている曲ですね。作曲された高木洋さんもサントラのライナーノーツで「昔のアメリカ映画に登場するビリヤードのある酒場のような雰囲気をイメージして」と書かれています。

 

この曲は、8ビートシャッフル 8ビートシャッフル でTAB譜面を書いています。

例えば、譜面上では、↓のように変換して弾いて下さい。

シャッフルの説明画像 1

 

「ジコチューのたくらみ」の楽譜その1(Aメロ)

この曲のイントロは 2小節しかないので、Aメロからいってみましょう。

上段はメロディパートですがギターで弾いても雰囲気が出ます。中段はメロディにコードを追加しただけです。もし、コードが読めないけどキーボードやピアノを弾きたい、という方がいましたら参考にして下さい。下段はギターパートです。

 

「ジコチューのたくらみ」の楽譜その2(Bメロ)

続いてBメロです。

原曲では、ストリング中心でメロディを弾いていますが、ここはピアノで弾いても楽しいと思います。

コードに括弧書きしていますが、ピアノで弾くならここはテンションを付けてジャズっぽい雰囲気を出したいですね。中段のコードも左手でベース音(ルート音)を弾くことを前提に、あえて頭 2小節はルート音を外しています。

 

「ジコチューのたくらみ」の楽譜その3(サビ)

サビです。

原曲では、このメロディはギターで弾いています。ドキプリでは数少ないギターが前面に出てくる曲なので、聴かせどころですね。個人的には、ちょっと装飾を付けてクセのある弾き方でいきたいところです。バッキングは、ほとんど白玉です。

 

「ジコチューのたくらみ」の楽譜その4(アウトロ)

サビの後にAメロを繰り返してから、↑のアウトロを弾いて終わりです。

この手の曲は、原曲にこだわらなければ、好きにアレンジして弾くと楽しいと思います。元々、高木さんもジャズっぽい曲、と言っていますしね。スローテンポな曲ですが、少しテンポアップにしてピアノで弾くのも楽しいですよ。

ドキプリのBGMの中でも、いろいろと楽しんで弾けるお勧めの一曲です。;

 

ドキドキプリキュアよりイラリツ(イーラと菱川六花)

【余談】

どうしてプリキュアは恋が実らないのかな・・・・・。本編で結ばれたのは、いまだにココのぞの二人だけですよ。(外伝があればきっと結ばれているだろう、というキャラは何人かいますが)

イラりつは、見ていてもどかしかったですね。でもこれはこれで良かったのかな。最終回の六花を遠くから見つめるイーラが印象的でした。

 

プリキュアの敵キャラは、みんなどこか憎めないところがありますね。 ジコチュートリオの三人は最後まで敵のままで幕を閉じましたが、このような展開はプリキュアシリーズでは初めてかな? キリヤもブンビーもウエスター達もサソリーナ達もトリオ・ザ・マイナーもウルフルン達も最後はプリキュアの敵ではなくなったし、その他の敵は・・・・。 ジコチュートリオには、オールスターズDX2のようにどこかで再登場して欲しいです。


HUGっと!プリキュアより、キュアエール(野乃はな)、キュアアンジュ(薬師寺さあや)、キュアエトワール(輝木ほまれ)、はぐたんと妖精ハリハム・ハリー
  1. We can!! HUGっと!プリキュア
  2. HUGっと!未来☆ドリーマー
  3. ミライクリスタル・ハートキラっと!



「ジコチューのたくらみ」は、一番左のオリジナル・サウンドトラック「プリキュア・サウンド・ラブリンク」に収録されています。


このホームページに掲載しているコンテンツの無断転載は禁止です。

Copyright © 2006-2018 KaK.

Copyright (C) 2004-2018 ABC・東映アニメーション


背景画像