2012/06/10 更新

スマホ向けのコンパクトスタイルで表示しています。

タイトルタイトル
背景画像
タイトル
「Let's go!スマイルプリキュア! ~Cure Metal Instrumental~」の楽譜

スマイルプリキュアから「Let's go!スマイルプリキュア! ~Cure Metal Instrumental~」です。主に戦闘シーンのBGMで流れるオープニング曲 Let's go!のギターリードバージョンです。

キュアメタルが公式に! (笑)

フレッシュプリキュアで音楽担当が高梨康治さんになってから「キュアメタル」という言葉が広まっていきましたが、ついに曲のタイトルになってしまいました。この曲がメタルかどうかはおいといて・・・・。

Cure Metal Instrumentalですが、それほどアレンジされていません。原曲のイメージはしっかりと残っています。これまでにもプリキュアのオープニングとエンディング曲はインストアレンジされてきましたが、実は「ゲッチュウ!らぶらぶぅ?!」が一番大きくアレンジされていたかもしれないですね。(他に大きくアレンジされた曲ってありましたっけ?)

Let's go!と同じ サウンド・パレード!! に収録されているイェイ^3の「Cheerful Instrumental」もなかなか良いアレンジでした。個人的には、OP&EDのアレンジ曲の中では、フレプリの「幸せゲットだよ!」が好きです。

 

「Let's go!スマイルプリキュア! ~Cure Metal Instrumental~」のTAB譜面その1

メロディーラインはほとんど変わっていませんが、コードは大きく変わって出だしはマイナー進行になってます。

 

「Let's go!スマイルプリキュア! ~Cure Metal Instrumental~」のTAB譜面その2

イントロに原曲には無い↑のリフが入っているせいで、曲のイメージががらっと変わりましたね。

C(下から 2音目)は弾かなくても良いと思います。(補足説明画像)↑の場合、2、3、4拍目にアクセントを付けないと音が埋もれますね。ハートキャッチオーケストラもそうでしたが、こういう跳ねるリズムを綺麗に弾きたいです。

 

「Let's go!スマイルプリキュア! ~Cure Metal Instrumental~」のTAB譜面その3

原曲のLet's Go!のタブ譜と比べると判りますが、Aメロ以降も微妙にコード進行が変わっています。

全体的にギターで弾きやすいコードになっていると思います。逆にピアノで弾くときは原曲の方が良いですね。バッキングはシンプルな 8分でリズムを刻んでいて心地よいです。

 

「Let's go!スマイルプリキュア! ~Cure Metal Instrumental~」のTAB譜面その4

サビのコード進行は大幅に変わっています。

↑は、出だしの1回目とリピートですが、F→Fmaj7/E→Dm→C、F→D♭aug→F/C→B♭7とあの 1音ずつ下がっていく王道コード進行から脱却しています。オリジナルのLet's Go!は、F→Fmaj7/E→F7/E♭→D7です。ここは好みが分かれる所じゃないですかね? 原曲は池田彩さんのボーカルが入るので定番のパターンが合っているし、キュアメタルアレンジはこれはこれで好きです。

 

スマイルプリキュア第11話「プリキュアがチイサクナ~ル!?」より、星空みゆき 日野あかね 黄瀬やよい 緑川なお 青木れいか

【余談】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

頑張れ、なおちゃん!(笑)


HUGっと!プリキュアより、キュアエール(野乃はな)、キュアアンジュ(薬師寺さあや)、キュアエトワール(輝木ほまれ)、はぐたんと妖精ハリハム・ハリー
  1. We can!! HUGっと!プリキュア
  2. HUGっと!未来☆ドリーマー
  3. ミライクリスタル・ハートキラっと!



「Let's go! ~Cure Metal Instrumental~」は、1枚目のサントラ「プリキュア・サウンド・パレード!!」に収録されています。

一番右のコンプリートファンブックは、スマプリのカレンダー、メージュ、設定資料集などを買っていない人にお勧めの一冊です。


このホームページに掲載しているコンテンツの無断転載は禁止です。

Copyright © 2006-2018 KaK.

Copyright (C) 2004-2018 ABC・東映アニメーション


背景画像